YOU TUBEでは、英会話に関する多くのビデオを観ることができます。ネイティブの英会話レッスン教材を無料で観てリスニングできるのですから、利用しない手は無いですね。

YOU TUBEで英会話をインプットしたら、オンライン英会話でアウトプットしてみましょう。このインプットとアウトプットを繰り返せば、必ずや英会話力が付いてくると思います。

目次
1. YOU TUBEの利用法
(1) 目的に合った英会話ビデオを選ぶ
(2) ネイティブのリスニングに慣れる
(3) 英会話表現を覚える
(4) 英会話ビデオのサンプル
2. オンライン英会話でアウトプットしてみる

1. YOU TUBEの利用法

YOU TUBEには、海外で作成された英会話ビデオもあれば日本で作成された英会話ビデオもあります。

(1) 目的に合った英会話ビデオを選ぶ

YOU TUBEの検索欄で「英会話」のキーワードを検索すると、選択候補として「英会話リスニング聞き流し初級」、「英会話伝言ゲーム」、「英会話 初心者」、「英会話リスニング聞き流し」、「英会話リスニング」、「英会話仙人」、英会話リスニング聞き流し中級」、「英会話聞き流し」、「英会話日常会話」、「英会話子供向け」、「英会話レッスン」、「英会話旅行」などの複合キーワードが出てきます。

主に英文やネイティブのスピーキングについて、日本語で解説するスタイルのビデオとなっています。

またネイティブが出演している英会話ビデオを観たいと思ったら、「English」のキーワードを検索してみましょう。選択候補として「English conversation」、「Englishman in New York」、「English listening」、「English songs」、「English news」、「English grammar in use」、「English learning」、「English cover」、「English story」、「English radio」、「English speech」、「English with lucy」、「English lesson」などの複合キーワードが出てきます。

こちらのビデオはネイティブによるレッスン、解説もネイティブ自身が行うビデオとなります。

最初のネイティブのスピーキングを日本語で解説するスタイルでも、ネイティブだけの英会話レッスンでも自分に合ったビデオを選べば良いのです。

最初にこれらの複合キーワードの中から、あなたが観たいと思っているビデオがありそうなキーワードを選んでみましょう。すると多くのビデオが出てきます。どのビデオを観るかは、タイトルを見て決めると良いと思います。また時間があれば、順に観ていって気に入ったビデオを最後まで観てみるというのも良いでしょう。

3番目のYOU TUBEの利用の仕方は、あなたが興味を持っているテーマのビデオを観ることです。例えば、アメリカの学校生活に興味を持っているなら、検索欄にSchool life in Americaとインプットしてみます。この場合も、多くの英語のビデオが出てきますから、興味の持てそうなタイトルを探して、観てみましょう。

(2) ネイティブのリスニングに慣れる

ネイティブの話を聞き取れるように、まずリスニングに慣れることに集中します。最初はゆっくり話をしているビデオを探して、聞いてみます。聞き取れるようになったら、徐々に普通の会話のスピードのビデオを観るようにしていきます。

聞き取れない時には、英語の字幕の付いているビデオがありますので、言っている内容を確認しながらリスニングすると良いですよ。難しい英単語の出てこない日常会話のビデオで、ネイティブのナチュラルスピードの会話を聞き取れるまでがんばりましょう。

(3) 英会話表現を覚える

ネイティブが好んで使う英単語や英語表現というのがあります。ビデオを観ていると良く出てくるので、分かるようになってきます。ネイティブとコミュニケーションを取ろうと思ったら、これらの頻出英単語をしっかり覚え、また使うように心がけるとネイティブとの意思疎通がしやすくなります。

(4) 英会話ビデオのサンプル

ここで、実際のYOU TUBEの英会話ビデオを観てみましょう。
最初は、検索欄に「English conversation」とインプットして出てきたビデオの中から選んでみました。
・Fun, Fast, Effective – Basic English Speaking Practice

これだけ多くのThat’s what I~という言い方を教えてもらったら、もう忘れませんね。

次は、検索欄に「School life in America」とインプットして出てきたビデオから選びました。

・Day in the Life: Elementary School Student

ポイントとなる英単語、フレーズを以下に示します。
・the car line for drop-off
下車用の車線
・daycare van
保育用のバン(車)
・backpack
背負うタイプのバッグ
・slate
(書き込み用の)薄い板
・Chromebook
グーグルのChrome05を搭載したパソコン
・hands-on activities
実践的な活動
・be buzzed in
ブザーで呼ぶ

2. オンライン英会話でアウトプットしてみる

YOU TUBEで英語表現をインプットしても、アウトプットしてみないと必要な時に即座に言葉として出てきません。That’s what I~という言い方も、必要な場面で出てくるようになるためには、アウトプットの機会が必要なのです。オンライン英会話のレッスンの中で必要な場面になったら、ぜひこの表現を使ってみましょう。

またアメリカの小学校の授業のビデオを観てみると、日本の小学校と同じところと異なるところがありましたね。オンライン英会話でアメリカ在住の英会話講師と、アメリカと日本の小学校の授業をテーマにしてフリートークをしてみると良いでしょう。ビデオで知った英語表現をアウトプットしてみましょう。更に進んで、自分の意見をディスカッションの中で言えると良いですね。

まとめ

YOU TUBEの中には、英会話学習用のビデオが数多くあります。これらのビデオで英語をたくさんインプットして、オンライン英会話でアウトプットしてみましょう。これが短期間で英会話が上手になる方法の1つであることは、間違いありません。


英会話 ブログランキングへ