オンライン英会話には、多数の英会話講師が在籍しています。その数多い講師達の中から自分に合った講師を選ぶのは、モチベーションを維持し英会話力を向上させるためにはとても大切なことなのです。

あなたは、何かの目的を持って英会話のレッスンを始めましたね。そして英検やTOEICなどの英語検定試験では、このくらいのレベルにまでは行きたいという目標をお持ちですね。

その目標を達成しようと思ったら、達成するための成否の1つは英会話講師選びといっても過言ではありません。ここでは、どのように自分に合った講師を選べば良いのか、そのノウハウについてご紹介します。

目次
1. 英会話講師の紹介欄をチェックする
(1) 得意とする受講生レベルをチェック
(2) 得意とする英語分野をチェック
(3) レッスン時間帯をチェック
(4) 学歴、英語教育資格をチェック
(5) 出身国をチェック
2. 自分に合いそうな講師のレッスンを試しに受けてみる
3. 選んだ講師のレッスンを継続して受けてみる
4. 新任の英会話講師にもチャレンジ

1. 英会話講師の紹介欄をチェックする

どのオンライン英会話でも、講師の紹介欄があります。最初に紹介欄をじっくり読んでみましょう。

(1)得意とする受講生レベルをチェック

英会話講師の中にはお子さんや初心者から上級者まで対応できる講師もいますし、初級、中級者を希望している講師もいます。その講師の過去の英会話教育の経験から、講師によって教育可能な受講生レベルが異なってくるためです。ご自身のレベルはおおよそお分かりと思いますので、自分のレベルを希望する講師を選びましょう。

(2)得意とする英語分野をチェック

日常英会話は無論のこと、英語の発音の練習を得意としている講師、英語検定試験(英検、TOEIC、TOEFL、IELTSなど)の試験対策を得意としている講師もいれば、ビジネス英会話、英文添削を得意としている講師もいます。日本に住んでいるネイティブ講師などは、学校の英語指導助手を経験したことがあると、小学生、中学生、高校生の英会話を指導することができます。ネイティブ講師の場合で言えば、過去にさまざまな経験をしてきており複数の分野を得意としている講師が多いですね。自分の目的に合った講師を探しましょう。

(3)レッスン時間帯をチェック

アメリカに住んでいる講師なら、日本時間とは14時間から17時間の時間遅れがあります。イギリスに住んでいる講師なら9時間遅れです。オーストラリアなら大きな時差はありません。そこで、日本時間をベースとした講師のレッスン時間帯は、朝、日中、夜に分かれてきます。もちろん、アメリカに住んでいる講師なら朝と夜にレッスン時間を設定している場合もあります。

あなたも、一日の生活サイクルをお持ちでしょう。英会話レッスンを行うには朝が良いのか、日中が良いのか、夜が良いのか、ご都合があると思います。講師のレッスン可能時間帯と自分のレッスン希望時間帯が合う講師を選ぶと良いですね。

(4)学歴、英語教育資格をチェック

英語が話せるからといって、良い英会話講師であるとは限りません。中には英語が話せるので、アルバイト感覚で英会話講師を行っている外国人もいます。生徒の目的に合わせたレッスンや良きアドバイスができる英会話講師を選びたいですね。学歴やTESOL、CELTAなどの英語教育資格は、良き先生の目安となります。

(5)出身国をチェック

留学を希望する方なら、講師の出身国をチェックしてみましょう。アメリカに留学するならアメリカ出身のネイティブ講師、イギリスに留学するならイギリス出身のネイティブ講師が良いですね。留学先の国の英語に慣れたいですし、現地情報も講師から聞けるからです。

2. 目的に合いそうな講師のレッスンを試しに受けてみる

英会話講師の紹介欄をチェックしたら、あなたが英会話の勉強を始めた目的に合いそうな講師のレッスンを受けてみましょう。いろいろな講師がいますが、この講師のレッスンは分かりやすく、受けていてとても楽しいと思える講師はいるものです。相性の問題ですね。そのような講師を、最初のステップとして3名程度選んでみると良いですね。

3.選んだ講師のレッスンを継続して受けてみる

選んだ3名の講師の中から最もお気に入りの講師1人を選んで、担任制のような感じでレッスンを継続してみましょう。その講師は、レッスン毎にあなたの事を良く分かってきますから、効果の上がるレッスンを行ってくれるのが担任制の良いところです。そして他の2名の講師も、たまに別の刺激を受けるためにレッスンを受けてみるのです。これも継続するためのノウハウです。

たまたま時間が空いたので、すぐにレッスンを始められるからとオンラインになっている講師を、写真の印象だけで選んでレッスンを受けた経験はありませんか。何の準備もしないでレッスンを始めても、フリートークも弾まずに終わってしまい、なにも残らなかったというのは避けたいところです。

4. 新任の英会話講師にもチャレンジ

時々、新しい講師が着任します。その時は1項で述べた講師の紹介欄を早速チェックしてみましょう。ひょっとしたら、あなたの目的とする英語分野に経験の深い講師かもしれません。ぜひともその講師のレッスンにチャレンジしてみましょう。相性が合いそうだったら、自分の講師リストにリストアップです。

まとめ

数多いオンライン英会話の英会話講師の中から自分に合った講師を探し出し、どのようにレッスンを行えば良いのか、経験を紹介しました。参考にしていただいて自分なりに工夫し、ぜひ英会話力アップにつなげてくださいね。

参考記事:どの様な英会話講師が初心者に向いている?
参考記事:英会話講師の資格について


英会話 ブログランキングへ