海外旅行やビジネスシーンで相手に迷惑をかけてしまった時には、謝らなければなりません。相手がネイティブの場合には、英語で謝らなければなりませんね。旅行でもビジネスでもこのようなシーンは、結構多いものです。でもどのように謝れば良いのか、どの英単語を使うのが適切なのか、迷ってしまう場合もあるものです。そこでここでは、英語で謝罪するための動詞や名詞、そしてそれらに付随して良く出てくる副詞についてまとめてみました。必要な時には、実際にぜひ使ってみてください。

目次
1. 謝罪をする時の動詞や名詞
2. 謝罪に付随して良く使われる副詞

1. 謝罪をする時の動詞や名詞

謝罪に限ったことではありませんが、1つの英単語は動詞としても名詞としても使われることが多いですね。そこでここでは、ひとくくりにして述べます。
・Sorry
このSorryという単語には、主に2つの意味があります。1つは気の毒に思うという意味と、もう1つは済まないと思うという意味です。謝る時に使うのは、2番目の意味として使う時です。

友人や同僚に軽くごめんと謝るときには単に、Sorryの一言で気持ちが伝わります。もっと丁寧に謝りたいのであれば、I am terribly sorry.と言えば良いでしょう。

ビジネスの場合でも、レターなどで会社として謝罪する時にはWeを主語にして、次のように使われます。

We are sorry for the delay of delivery.
(配達が遅れたことを、お詫びいたします。)

・Excuse
Excuse me.も、良く使われるフレーズですね。他人の前を横切るような時に、軽く「失礼します。」と会釈しながら通りたい時などに使います。謝罪というよりもマナーとして言っている感じでしょうか。

・Fault
このFaultも過ちや落ち度があった時に、良く使われます。It’s my faultと言えば、私が悪いのですと言う意味になります。

・Apology
いままで説明してきた単語よりも、かしこまって謝罪する際に使います。ビジネスシーンで詫びる時には、このApologyという単語を使う事が多くなります。
My deepest apologies.
(心からお詫びします。)

動詞はApologizeで、toやforの前置詞を伴って次のように使われます。
He apologized to us for so much trouble.
(彼は、大変迷惑をかけたことを詫びた。)

ビジネスの場合ごめんなさいと謝っただけで済むならそれで良いのですが、謝るということが補償につながってくると事は面倒なことになってきます。欧米人が簡単には謝罪をしないというのは、このようなことと関係しているのですね。

・Forgive
Forgiveは許すという意味ですが、次のような言い回しでゆるしを請う時にも使います。
Please forgive my rudeness.
(失礼をどうぞお許しください。)

ただし、このForgiveという単語は罪を許す、処罰を許すというニュアンスがあり、重い意味を持っています。そのため重大な場面以外には、使わないようにしています。

2. 謝罪に付随して良く使われる副詞

謝罪をする時には、間違ってこのような事をしてしまいましたという説明をしてから謝罪することになりますね。ここでは、その説明の際に良く使われる副詞をご紹介しますので、言い訳をする際に使ってみてください。
・Mistakenly
文字通りミスをして間違えてしまいました、とシンプルに間違いの気持ちを伝える時に使います。例文を、以下に示します。

I mistakenly sent the luggage to the branch. Therefore, I apologize for the late arrival of the luggage at the headquarters.
(間違って荷物を支店に送ってしまいました。そのため、本店への荷物到着が遅れたのをお詫びいたします。)

・Accidentally
英和辞書には、この単語が「偶然にも」という意味として書かれています。このAccidentallyという単語は、ネイティブが間違ってしまった説明の中で良く使ってくるのです。例えばMistakenlyの項の例文で、mistakenlyの代わりにaccidentallyを使ってきます。単語の中にaccident(事故)という言葉が入っていますので、言い訳としてうまい言葉を使ってくるといつも感心してしまいます。

・Unexpectedly
正に期待に反して「思いがけなく」迷惑をかけてしまった時には、このunexpectedlyを使って、謝罪をすると良いでしょう。例文を以下に示します。

I unexpectedly met a friend and couldn’t make it in time for the appointment. Sorry.
(思いかけず友人に会ってしまい、約束の時間に間に合いませんでした。ごめんなさい。)

まとめ

英語で謝罪するといっても友人なのかビジネス上の顧客なのかの相手によって、またどの程度のミスをして謝罪することになったのかによって、使うべき英単語、英語表現が異なってきます。
ここで紹介した単語を覚えておけば、謝るのに心配いりませんね。また、詫びる時に良くネイティブが使う単語もご紹介しました。ぜひネイティブとの会話の時に、逆に使ってみてください。


英会話 ブログランキングへ