新型コロナウイルスの新たな感染者数が全国的に減少してきて、緊急事態宣言がやっと全面解除されました。とは言え「3つの密」を避けるため、会社への通勤電車や駅での混雑を避ける対策は当面続けなければならないでしょう。テレワークによる在宅勤務を続けている会社員の方も、多いと思います。

英語を勉強している方は、働き方が変わったのをチャンスにしようではありませんか。通勤時間が片道1時間かかっていた会社員は、1日2時間のフリータイムができたのです。

このフリータイムを、上手にネイティブの英語に触れる時間に使いましょう。生活にリズムとメリハリをつけるのにも、役立ちます。そこでここでは、家庭でゆっくり英語に浸れる方法を提案します。

目次
1. NHKのテレビ語学番組
2. 洋画ビデオ
3. 英語ニュース番組

1. NHKのテレビ語学番組

テレビ2チャンネルのNHK Eテレ(以前のNHK教育テレビ)では、小学生から大人までを対象に見ていて楽しい語学番組を放送しています。在宅勤務となり見てみたら、飽きることの無い番組構成に改めて感心してしまいました。ここでは、そのいくつかをご紹介します。

・おもてなし即レス英会話
初心者の方から日常会話のワンランクアップを目指す方まで、リアルな英会話場面を通じて学べます。街でいきなりネイティブに話しかけられて、さあどうしようといった場面で自信をつけるのに良い番組です。

・エイゴビート
小学生向けのリズミカルな英会話番組。もちろん番組に出演しているのは、小学生が中心です。易しい英語表現を繰り返し聞いていると自然に口ずさんでいるのが楽しくなる構成となっています。小学生のお子さんがいる家庭ではぜひ一緒にご覧になると、教育効果も抜群です。

・知りたガールと学ボーイ
中学生レベルの英会話を、ネイティブにぶつけて反応をみる場面が多いですね。見ていて、いつの間にか番組に引き込まれています。学校英語の染みついた日本人にとっては、ネイティブのスピーチに新しい発見があります。中学生のお子さんがいれば、一緒に見ると英会話について話す良いきっかけになるでしょう。

・世界英語ミッション
題名の通りミッション(使命、任務)を与えられて、少年少女達が英語でそのミッションを果たしていくというストーリーです。簡単な日常会話が入ってきますので、英会話を習いたい中学生や高校生に向いています。リアルな映像と共に番組が進行するので、在宅勤務をしているあなたも楽しめますよ。

・ボキャブライダーon TV
コメディードラマを通じて、英単語を学んでいく大人向けの番組です。「どんぶり勘定」など、英語で何と言って良いのか分からなそうな単語を学べるのが良いところです。

2. 洋画ビデオ

洋画ビデオは、テレビを初めパソコンやスマートフォンで何回も繰り返して見る事ができることが良いところですね。いきなりネイティブの会話を理解するのが難しいと思ったら、最初に日本語吹き替えでおおよそのストーリーを把握しておいて、2回目はネイティブの会話を集中して聞くという手がありますし、英語のスクリプトを表示させておいて聞くという手もあります。ネイティブの会話にチャレンジするつもりで聞いてみましょう。数ある動画配信サービスの中で、利用したことのあるサービスを2つご紹介します。

・Hulu
アメリカのWalt Disney Direct-to-Consumer&Inernationalが配信する動画サービスですが、日本では2014年からHJホールディングス株式会社が運営しています。洋画や海外ドラマは無論のこと日本の映画やドラマ60,000本以上を、月額1,026円で見ることができます。

自分の関心のある分野の洋画やドラマに的を絞って、気に入ったら繰り返し見ることをおすすめします。ある場面での英語の名セリフが口をついて出てくるようになったら、しめたものです。洋画で言えば、ヒッチコックのサスペンスものは時代を超えて見ごたえのある名画が多いですし、ドラマなら2004年から2012年にアメリカで放送された「デスパレートな妻たち」は、高級住宅街を舞台にしたお笑いあり涙ありの人気ドラマで楽しめます。

・Netflix
Netflixは1997年にアメリカで創業され、日本では2015年からストリーミング配信サービスを開始しています。国内外の映画、海外ドラマ、アニメを初め、オリジナル作品があるのがNetflixの良いところで見応えがあります。月額800円、1,200円、1,800円のプランが用意されていますが、パソコンやテレビで見るつもりなら、1,200円プランとなります。

3. 英語ニュース番組

社会の最新ニュース情報を英語で聞くのは、現在を生活するのに必要なボキャブラリーを覚えるという意味で役にたちます。ここでは、良く見ている2つのニュース番組をご紹介します。

・NHKニュース
NHKテレビの午後7時から放送のニュース7と午後9時から放送のニュースウォッチ9は、2ヶ国語放送となっています。放送される内容は日本国内の出来事が多いので、おおよそ想像ができます。そのような背景を知っている状況において英語でニュースを聞けますので、分からないボキャブライーが出てきても想像できるのが、NHKニュースの良いところです。

・VOA
Voice of America(ボイス・オブ・アメリカ)は、アメリカの国営放送です。ホームページに「Video」のコーナーがあり、アメリカを中心にして世界の最近の話題をビデオで見ることができます。日本に居ては知る事の出来ないアメリカや世界の状況を知ることができるのが、興味を惹かれるところです。ぜひ、ネイティブのスピーチにチャレンジするつもりで、聞いてみると良いでしょう。英文記事もありますので、併せて読んでみてください。

まとめ

新型コロナウイルス感染によって、新生活様式が求められるようになりました。在宅勤務になれば、英語を勉強している人にとっても勉強の仕方を変えなければならなくなります。家庭で英語のスピーキングに触れる方法についてご紹介しましたが、少しでも参考にしていただければうれしいですね。知り得た知識を、オンライン英会話でネイティブと話題にしてみるのも良いと思います。

参考記事:自宅でテレワークのためのビデオ会議ツール厳選5選!
参考記事:テレワークに役立つオンライン英会話レッスンの厳選ノウハウ


英会話 ブログランキングへ