ワーキングホリデー制度を利用して働くために、オーストラリアを目指す日本の若者は多いと思います。そのような人なら、ネイティブの国オーストラリアと言っても現地で話されている英語はどのような英語なのかを、事前に知っておきたいと誰でも思いますね。
そこで、ここではオーストラリア英語の特徴についてご紹介します。

目次
1. オーストラリアの歴史について
2. アメリカ英語との違い
(1) 単語の違い
(2) スペルの違い
(3) 発音の違い
(4) 動詞の使い方の違い
3. イギリス英語との違い
(1) 単語の違い
(2) イントネーションの違い

1. オーストラリアの歴史について

なぜオーストラリアの歴史について最初にお話するのかというと、オーストラリアで話されている英語は、その歴史に大きく影響を受けてきたからです。この基本のところを、ぜひとも理解しておく必要があります。
オーストラリアには、アポリジナル(日本では、アポリジニと紹介されることが多いです。)という先住民が住んでいました。ところが、1770年にイギリスのジェームズ・クック率いる船団がオーストラリア東海岸のシドニー近くに上陸したことから、イギリスの影響を強く受け始めることになったのです。1788年にはイギリスからの本格的な入植が始まり、1900年にはイギリス議会によりオーストラリア憲法が制定され、翌年にはオーストラリア連邦ができました。このことが、オーストラリアで話される英語が、イギリス英語、特にロンドンの下町訛りの話し方に近い理由です。
第二次世界大戦後は、テレビ番組やさまざまな媒体によってアメリカ英語の影響も受けるようになりました。イギリスでは地方によって話し方が異なってきますが、オーストラリアは移民の国なので学歴によって話し方が変わってきます。

2. アメリカ英語との違い

オーストラリアの英語はイギリス英語を基本としていることは、歴史的な経緯からお分かりいただけたと思います。従って、オーストラリアの英語とアメリカ英語の違いは、ほとんどはアメリカ英語とイギリス英語の違いからきています。単語、スペル、発音や動詞の使い方について、違いを見ていきましょう。

(1) 単語の違い

同じ事を意味するにしても、違う単語を使うケースが良くあります。普段良く使う単語を選んで、紹介します。

意 味   オーストラリア英語            アメリカ英語
クッキー     biscuit         cookie
飴                     lollypop                      candy
エレベーター             lift                elevator
タクシー       taxi          cab
携帯電話     mobile phone                 cellphone
ガソリンスタンド petrol station                 gas station
歩道               footpath                     sidewalk

(2) スペルの違い

一方、オーストラリア英語とアメリカ英語では、単語の末尾が一定の法則を持って違ってきます。

―ourと―or
意 味    オーストラリア英語    アメリカ英語
労働者       labour                          labor
色                  colour                          color
ハーバー      harbour                      harbor

―reと―er
意 味    オーストラリア英語     アメリカ英語
メーター       metre                  meter
中 央            centre                                      center
劇 場                                    theatre                                      theater

―iseとーize
意 味                   オーストラリア英語                     アメリカ英語
分析する                              analyse                                       analyze
悟る                                         realise                                         realize
謝る                                        plologise                                    apologize

―enceと―ence
意 味                    オーストラリア英語                      アメリカ英語
守 備                                   defence                                      defense
免許状                                    licence                                        license

(3) 発音の違い

同じ単語であっても、オーストラリア英語とアメリカ英語では発音が異なってくることがあります。この点は英語を外国語として学ぶ日本人にとっては重要な事で、リスニングしていても聞き取れないことさえあります。実際の発音はオーストラリア出身の英会話ネイティブ講師から直接教わるのが良いでしょう。ここでは、どのような発音の違いになるのかを紹介します。

Aの発音
オーストラリア英語では、ある単語のAが「アー」と伸ばされて発音されます。例をアメリカ英語と比較してみます。

単 語                オーストラリア英語の発音              アメリカ英語の発音
data                                            ダーター                                                データ
bath                                            バース                                                       バス
calm                                           カーム                                                      カルム

CAの発音
オーストラリア英語ではCAを「カ」と発音します。アメリカ英語では「キャ」となりますので、違いを比較してみます。
単 語                  オーストラリア英語の発音                 アメリカ英語の発音
cat                                                カット                                                        キャット
castle                                        カッスル                                                    キャッスル
can’t                                           カーント                                                    キャーント

Rの発音
Rの発音は舌を巻くように発音すると学校で教わり、いつも日本人にとっては難しく感じるものですが、これはアメリカ英語を基本としているからです。オーストラリア英語では、このRを発音しません。例えば、カタカナで敢えて示せば、以下のようになります。
単 語                   オーストラリア英語の発音              アメリカ英語の発音
here                                          ヒヤー                                                            ヒヤァ
car                                             カー                                                                    カァ
fire                                            ファイヤー                                               ファイヤァ

Tの発音
オーストラリア英語では、母音にはさまれたTをはっきり発音しますが、アメリカ英語ではRのような発音になります。
単 語                オーストラリア英語の発音                 アメリカ英語の発音
letter                                      レター                                                              レラー
water                                 ウォーター                                               ウァーラァー
butter                                    バター                                                               バダー

(4) 動詞の使い方

オーストラリア英語とアメリカ英語では、動詞の使い方に違いがみられます。その典型が、前者は「have」を使うことが多く、後者は「take」を使うことが多いという事です。
例を、示します。

意 味                         オーストラリア英語                                  アメリカ英語
休息を取る                          have a break                                           take a break
シャワーを浴びる           have a shower                                       take a shower
レッスンを受ける           have a lesson                                          take a lesson

3. イギリス英語との違い

アーストラリア英語はイギリス英語を基本としていると述べましたが、両者を比較すると異なった部分もあります。国同士が離れており社会環境や自然環境が違いますので、長い年月の間に言語も変わっていくのは自然なことと思います。それでは、オーストラリア英語とイギリス英語の違いを見ていきましょう。

(1) 単語の違い

オーストラリアの方がイギリスよりもアメリカの影響を受けているために、以下のようにオーストラリアとイギリスでは使っている単語が異なるケースが見られます。

意 味                             オーストラリア英語                               イギリス英語
問い合わせをする              inquire                                                          enquier
プログラム                              program                                                    programme
類似形                                         analog                                                        analogue
トラック                                    truck                                                               lorry
歩道                                              footpath                                                    pavement
ナス                                              eggplant                                                     aubergine

その他にオーストラリア特有の動植物などは、先住民のアポリジナルの言葉が使われていることが多いのです。

(2) イントネーションの違い

アメリカ英語でもイギリス英語でも、肯定文の場合は末尾を下げ、疑問文の場合は末尾を上げます。ところがオーストラリア英語では、疑問文はもちろんのこと肯定文でも末尾を上げるイントネーションとなっているのです。そのため、まだ話の続きがあるのかなと思ってしまうことがあります。これはオーストラリアン・クエッション・イントネーションと言って自信が無さそうにも聞こえますので、イギリス人には受け入れられていない様です。

まとめ

ネイティブの国オーストラリアと言っても、他の英語圏の国とは一味違った英語が使われていることを分かっていただけたでしょうか。冒頭に挙げたワーキングホリデー制度を利用してオーストラリアを目指す若者、留学を希望している方、仕事で出張される方などは、ぜひオーストラリア出身の英会話講師から生のレッスンを受けてみる事をおすすめします。

参考記事:アメリカ英語とイギリス英語はなぜ違う?
参考記事:アメリカ英語とイギリス英語の違い


英会話 ブログランキングへ