結論からまず述べます。

アメリカのボストンに住んでいるネイティブの友人と、スカイプを通じて英語でチャットをすることになりました。調べたところ、日本はボストンよりも14時間進んでいます。

両方が普段に起きている時間を考えると、

日本時間:朝6時から12時  相当するボストン時間:午後4時から10時

あたりが丁度良い時間帯と言えそうです。また、ボストンは、3月初めから11月初めまでサーマータイムとなり1時間だけ時間が早くなるので、チャットの開始時間には気を付けたいところです。

海外友人と英会話を楽しむには時差に注意!

年末が近づき、海外に住む外国の友人と英語でコミュニケーションを取る機会が増えてくる季節となりました。家族が海外に滞在している場合は、なおさらの事でしょう。海外にいる人とコミュニケーションを取るにしても、現在ではSkypeやZoomといったソフトウェアがあり、相手の映像を見ながら無料で会話ができますので、便利な世の中になってきています。
ところで海外に住む方とコミュニケーションを取る場合、最も気を付けなければならないのが日本との時差です。時差があるために相手が深夜まで起きていなければならないというのは、辛いですね。お互いに普段に朝起きてから寝るまでの間に会話をしたいと思うのは、当然の事です。そうすると、Skypeで会話をする時間帯というのは限られてきます。
実はオンライン英会話でも、全く同様な状況にあるのです。と言うよりも、この時差を上手に利用して英会話レッスンを行っているのが実情なのです。日本時間で朝の午前5時から深夜の午前1時頃まで幅広い時間帯に英会話レッスンができるのは、実はネイティブ講師が世界の至る所に住んでいて日本との時差があるからから実現できていることなのです。

そこでここでは、時差に関して次のことをまとめてみました。
1. そもそも世界の時刻体系はどうなっているか
2. 海外の友人と英会話するならこの時間帯がおすすめ
3. 時差に関する英語表現

1.そもそも世界の時刻体系はどうなっているか

日本では国土が狭いということもあって全国で同じ時刻となっている為に、あまり時差を気にする人はいません。それでも世界を市場としてビジネスを行っている人にとっては、日本と各国との時差が大切になってきます。では世界の時刻体系はどうなっているのでしょうか。
学校で習ったように、世界の時間の基準としてイギリスのグリニッジ平均時が有名ですね。でも現在では、協定世界時UTC(Coordinated Universal Time)が基準として使われています。そして、経度が15度ずれるごとに1時間ずつずれていきます。(360度を24時間で割った値です。)日本標準時JST(Japan Standard Time)は東経135度を基準とし、UTCよりも9時間進めた時刻UTC+9となっています。東経135度と言うと、明石市立天文科学館のあるところと覚えておくと良いでしょう。

2.海外の友人と英会話するならこの時間帯がおすすめ

ここでは英語圏の国々のネイティブの友人、あるいは滞在している家族とSkypeをするのに、おすすめの時間帯を選んでみました。

(1)アメリカ、カナダ

アメリカは国土が広いので、Pacific、Mountain、Central、Easternの4つの時間帯に分かれており、1時間ずつ時間がずれていきます。さらにややこしいのが3月から11月にかけてサマータイムがあり、この期間は例えば午前7時だったのが午前8時に変更されます。そのため、いつも7時に起床している人は実質1時間早く起きることになるのです。日本とアメリカの間でSkypeをしようと思うと、同じ時刻にパソコンに向き合っていなければなりません。ところがアメリカの時間は地域と季節で変わるため、午前9時からチャットしましょうと約束していても、時刻を間違えたというアメリカ人が良くいるのです。Skypeでいくらコーリングしても、Skypeがオフラインになっていてはチャットどころではありません。私の経験では、一番確実だったのは日本時間JSTでチャットする時間を決め、アメリカ人にウェブサイトを利用して日本時間を確認してもらう方法です。これなら、アメリカ人がどの地域に住んでいようと、またサマータイムであろうとなかろうと、開始時間を間違えることはありませんでした。
さてアメリカ人とSkypeをするのにおすすめの時間帯は、日本時間で言うと午前9時から午前12時の時間帯です。
Pacificなら午後4時から午後7時、
Mountainなら午後5時から午後8時、
Centralなら午後6時から午後9時、
Easternなら午後7時から午後22時
となるからです。でも午前中は仕事で忙しく、時間を空けるのが無理という日本人の方もいると思います。そのような方には、時間を絞って夜の午後11時からをおすすめします。
この時間ですと、
Pacificで午前6時、
Mountainなら午前7時、
Centralなら午前8時
Easternなら午前9時
となるので、アメリカ人の都合がつけばSkypeすることができるでしょう。
カナダの場合はアメリカと同様な状況にありますが、地域による時間帯の区分がさらに細かくなっています。

(2)イギリス

イギリスにもサマータイム制度がありますが、時刻は全国で同じなのでSkypeの開始時間を決めるのには助かります。先に述べたように、日本はイギリスよりも9時間進んでいます。そこでSkypeを始めるなら日本時間で午後4時から午後10時位までの時間帯が良いでしょう。イギリス時間では、午前7時から午後1時の時間帯となります。これだけの時間的な幅があれば、友人と話し合ってお互いに都合の良い時間を見つけることができると思います。

(3)オーストラリア

オーストラリアでもサマータイム制度がありますが、一方日本との時差はそれほど大きくはありません。東部のシドニーでは日本より1時間進んでおり、西部のパースでは逆に1時間遅れています。そのため、時差を気にせずにコミュニケーションを取れる国となっています。

(4)ニュージーランド

オーストラリアと同様にサマータイム制度を持ち、ニュージーランドの方が日本よりも4時間進んでいます。ニュージーランドの友人とは、時間を気にせずにSkypeのできる範囲の時差になっていると言って良いでしょう。

3.時差に関する英語表現

海外の友人とSkypeの開始時間を相談する時に、必要となる英語表現をまとめてみました。ぜひ活用してみてください。

・時差の英語表現
時差は、time difference、またはtime lagと言います。
東京とニューヨークの時差は、どれくらいありますか?と質問する場合には、
What is the time difference between Tokyo and New York?

東京とロンドンの時差は、9時間です。と英語で言いたい時には、次のように言います。
There is a nine-hour time difference between Tokyo and London.

・時刻の遅れや進んでいることを言いたい時の英語表現
自分の住んでいる街の時刻が、相手の住んでいる街の時刻よりも何時間進んでいる、あるいは遅れていると英語で言いたい時には、ahead of、behindを使います。例えば、

シドニーは、東京よりも1時間進んでいます。と言う時は、
Sydney is one hour ahead of Tokyo.

パースは、東京よりも1時間遅れています。と言う時は、
Perth is one hour behind Tokyo.

・Skypeの開始時刻を指定したい時の英語表現
Skypeでミーティングを行いたい場合は、誤解の無いような時刻の指定をしなければなりません。アメリカやオーストラリアなどでは地域と季節により時刻が変わってきますので、日本時間JSTや東京時間Tokyo timeで打ち合わせ時刻を指定すると間違いありませんでした。実際に東京に住んでいなくても、日本は全国同じ時刻なので、海外の友人にはTokyo timeで指定しても問題ありません。相手の現地時刻も併記すると親切ですね。例えば、

ロンドンに住んでいる友人に、東京時間で午後7時からならミーティングができます。と言いたい場合は、
I am available from 7PM Tokyo time (10AM London time) for the meeting.

そして実際に午後7時からのミーティングが決まったら、
I look forward to meeting you via Skype from 7PM Tokyo time (10PM London time)

と確認しておきましょう。

まとめ

最近では海外に住む友人や知人、あるいはビジネスのためにSkypeやZoomを利用してコミュニケーションを取る機会が増えました。お互いの生活時間帯を考慮し、開始時刻を間違えないようにして、英会話を楽しんでくださいね。


英会話 ブログランキングへ