街の店舗型英会話スクールでは、周辺地域の人口にもよりますが、一般的にはネイティブ講師が2,3名、それに日本人講師が何名か英会話を教えているというスクールが数の上では多いと思います。それに対して、オンライン英会話では、10名、100名、1000名単位の講師が在籍しています。これはオンライン英会話のメリットの1つですが、生徒からすると、どのように講師を選ぶかがとても大切になってきます。

オンライン英会話の講師といっても、日本人講師、フィリピン人を含めたノンネイティブ講師、そしてネイティブ講師といろいろな講師がいます。オンライン英会話ボストン倶楽部はネイティブ講師系のスクールですので、ここではネイティブ講師に的を絞って、講師の選び方を以下の項目別に考えていきましょう。

1. 講師紹介欄を見る
2. 初級レベルの方の講師の選び方
3. 中級、上級レベルの方の講師の選び方

1.講師紹介欄を見る

どのオンライン英会話でも、講師紹介欄を設けています。レッスンを予約するにあたって、この講師紹介欄をしっかりチェックすることから始めましょう。講師の写真や自己紹介文、スクールによっては講師からの挨拶ビデオを掲載しているところもあります。それにスクールスタッフからの紹介欄も、講師の人柄とか得意とする分野を理解する上で、役立つ情報です。写真は、講師の印象を伝えますが、英会話レッスンそのものとは直接的には関係が無い事を心得ておきましょう。挨拶ビデオでの講師の挨拶は、自分にとってリスニングのしやすさを判断するのに役立ちます。

学歴と英語教育資格の有無も、チェックから外せません。英会話を教育することのできる本当のプロの講師であるかどうかの判断材料になるからです。プロの英会話講師なら、生徒のレベルに合わせて、教材の選定を含めて生徒の英会話力の向上に役立つレッスンを行ってくれる事を、多いに期待することができます。ところが英語が話せるからと、アルバイト感覚で英会話講師になっている人も中には居るのです。

講師の出身国や現在の居住地は、アメリカ英語、イギリス英語にこだわる方には、大切な情報です。またネイティブ講師の中には、日本に長年在住し日本語の話せる講師もいます。特に初級者の方は、ぜひこの点もチェックしておきましょう。

2.初級レベルの方の講師の選び方

初級レベルの方は、いかに英会話レッスンを長続きさせるかを中心にして講師を選び、レッスンの方法を考えていくのがコツと思います。そのためには、自分のレベルに合わせた英会話レッスンを行ってくれる講師を探す事が大切です。一般的には、英会話レッスンに長年の経験を持つ講師が該当するでしょう。そのためには、講師の紹介文を読んで何人かの講師のレッスンを予約し、実際にレッスンを受けて見ることです。

テキストを中心として、途中に応用問題を入れながらのレッスンとなっており少しずつでも上達感を持てるレッスン、そして楽しく感じるレッスンを行ってくれる講師は、生徒との相性が良い講師です。講師と生徒との相性はとても大切な問題で、モチベーションを持ってレッスンを長続きできるかどうかのポイントです。

さらに初級レベルのレッスンは、日本語が片言でもできるネイティブ講師と行うべきと考えます。英語だけのレッスンが理想であることは十分承知していますが、レッスンの途中で、お互いに理解し合えない時があるものです。そのような時に講師の方で、日本語の片言を言っただけでもレッスンが前に進む時があるのです。それが結果的に、楽しいレッスンにつながるでしょう。それなら日本語の話せる日本人講師の方が、良いのではないかという声もあるかもしれません。しかしながら、日本人講師では、ネイティブ講師との英会話のレッスンの一種の緊張感が無くなってしまうのです。そのためレッスンを英会話の実践の場とするために、ネイティブ講師をおすすめしています。

相性の良さそうな講師を見つけたら、一定期間はその講師に付いてレッスンを続けてみましょう。少なくとも数か月間レッスンを継続することができ、上達感があればその講師とのレッスンをさらに継続してみるのです。ほとんど担任制の形となりますので、講師からレッスンの予約を事前に取るようにします。そうすればレッスンの予習も、事前に自分でできるようになります。最近は、空いた時間を利用して予約無しでの英会話レッスンも可能になってきていますが、初級レベルの方にはおすすめできません。初めての講師のレッスンを何回行っても、トレーニングの積み重ねの効果が無いからです。

3.中級、上級レベルの方の講師の選び方

英会話の中級、上級レベルの方の場合は、英会話レッスンの目的を持っている方がほとんどでしょう。例えば、英語検定試験を受験する、仕事上でビジネス英会話を必要とする、
3ヵ月後にイギリスの支店に赴任することになった、国際的な医療関係の仕事に従事している、等々です。

なので、最初にネイティブ講師の紹介欄を見て自分の目的に合った講師を選び、初級レベルの方の項で説明したように何人かの講師のレッスンを受けてみましょう。ここでも講師との相性は大切ですので、楽しくレッスンのできる講師を選びましょう。

経験から言えば、3タイプくらいのレッスンが良い結果につながりました。海外ビジネスに携わっていましたので、1つ目のタイプは、長年海外企業でビジネス英会話を教えてきたビジネス英会話のプロ講師のレッスンです。ビジネス英会話のレッスンは、単に海外からの電話の英語での受け答えなどの英語表現にとどまらず、海外におけるビジネスマナーの問題などもトレーニングの中で理解することができました。

2つ目のタイプは、日常的なフリートークを楽しくできる講師とのレッスンです。英会話レッスンの基本は、日常英会話ですので、生活をしていくためのボキャブラリーを増やし、日常会話でのネイティブ的な英語表現を蓄積していくのに効果的でした。日本人同士の日本語の会話を考えてみれば分かりますが、会話は主語などを省くことが多いですね。そのような簡略化した会話に慣れるために、形式ばったレッスンではなく、フランクな日常会話のできる講師とのレッスンを行いました。

そして3つ目のタイプは、新任講師とのレッスンでした。どのような新任講師かという興味もありましたが、いろいろな講師と話をしてみたいという目的もありました。現実には、きれいで分かりやすい英語を話す外国人だけでないと思っていましたから、そのためのトレーニングという意味の方が大きかったのです。ですが、ネイティブ講師になるくらいの外国人なので発音もきれいで、目的から言えば十分なレッスンとはならなかったと言って良いでしょう。レッスンそのものは新任講師だけあって話が新鮮で、楽しかったです。

まとめ

オンライン英会話では、多くの講師が在籍しています。その中から相性の良い講師を選び出しレッスンを受けることは、レッスンを継続させる上でとても大切な事です。英会話講師とのレッスン法も経験を踏まえて紹介させていただきましたので、参考にしていただけたらうれしいですね。

参考記事:英会話レッスンにお気に入りの先生を見つける
参考記事:企業の英語研修で効果を上げるには


英会話 ブログランキングへ