オンライン英会話でレッスンを続けていると、
時々やる気が出てこなくなってしまう時が、誰にでもあります。

中には飽きてしまったり、苦痛に感じて英会話を勉強する意欲が衰え、
辞めてしまう方もいます。

でも、ちょっと待ってください!

オンライン英会話を始めた時は、
英会話の勉強をしようと思った目的や理由がありましたね。

そんなに簡単に諦めないで済む工夫が、あるはずです。

ここでは、英会話の勉強を継続するために、
1. やる気はどこから湧いてくるのか
2. やる気を維持するためのテクニック
3. やる気が下がった時の対処の仕方

について、自身の経験を踏まえて考えていきたいと思います。

1.やる気はどこから湧いてくるのか

英会話の勉強を始めようと思った目的や理由は、各人各様ですね。

ある会社員は仕事で英語を使うので、
必要を感じて英会話レッスンを続けている場合もあるでしょうし、

社内評価や人事の昇格のために、
英会話を学ぶことを志した方もいるでしょう。

学校の英語の教師を目指している大学生も、
今では英語が話せないと授業を進める事できない時代になってきています。
そこでオンライン英会話を始めた、という方もいるはずです。

大学受験生なら、大学入試の英語科目に英語検定試験が加わり、
スピーキングテストで高いスコアを取りたいと思うのは、
当然なことです。

そしてもう1つのタイプは、英語そのものが好きになった、
英語が趣味になった、という方々です。

英語ができることによって、世界が広がるのを知ったからです。

欧米に留学したいと思っている人の中には、
意外とこのタイプの方が多いのです。

このように見てくると英語は手段であって、
ある目的があるから英語を学ぶということが分かります。

各人とも理由があるから、英会話を学ぶやる気が湧いてくるのですね。

2.やる気を維持するためのテクニック

・無理をしない

大切なのは、無理をしないこと。
これは英語の勉強に限らず、何についても言える事ですね。

オンライン英会話だったら、
毎日レッスンを受けていても嫌になってこない人だったら構いませんが、
そうでない人は、無理して毎日英会話レッスンを受ける必要なんてありません。

レッスンを受けたい時に予約して、受ければ良いのです。

H5・1つの事を深堀りしていく

そしてレッスンを受ける時には、1つの事に徹底してこだわるのも、
やる気を維持するのに役立ちます。

例えば、ワーキングホリデイ制度を利用してカナダへ旅したい若者は、
カナダのネイティブ講師からレッスンを受けるようにして、

各都市の事、気候の事、生活習慣の事、食事の事、フェステバルの事、
政治経済の状況など、カナダに関することをテーマにして、

ありとあらゆるカナダのことを、
徹底してネイティブ講師に聞いてみるのです。

1つの事について、どんどん深堀していくのですね。
そうすると、どんどん興味が湧いてきて、やる気が湧いてきます。

そして、結果的に自然に英会話力が付いてくるし、
カナダへ旅する時にはカナダの事情通になっているでしょう。

この手法は、自分が興味を持っている事であれば、
特に分野に関係なくできるレッスン方法です。

映画やファッションなど、講師と共有できる知識の分野であれば、
英会話レッスンのテーマにできるからです。

・機会を逃さない

仕事の打ち合わせをネイティブの顧客と英文E-メールで行っていて、
ネイティブからE―メールをもらったとします。

その中に自分の知らない言い回しで、
今後使えそうなネイティブ的な英語表現があったら、
必ずメモ帳に控えるようにします。

オンライン英会話でレッスンをしていて、
英会話講師から良い表現の仕方を教えてもらったとします。
そのような時も必ずメモ帳に控えるようにします。

それらの英語表現は、一度だけ見たり聞いただけでは、
必要な時にすぐに頭に浮かんでこないものです。

そのため、英会話を学ぶ人にとって、
このような上達のチャンスを絶対逃がしてはいけません。

メモ帳を見て、三度口に出して言ってみましょう。

後になってオンライン英会話で講師とレッスンをしていて、
必要な時にその英語表現がスピーキングできたら、
嬉しいものです。

それが、やる気を引き出します。

・英語検定試験を受けて、自分の実力を見える化する

TOEICや英検など、今ではいろいろな目的に適した検定試験がありますから、
時々試験を受けてみると良いですね。

オンライン英会話を通じた自分の努力で徐々にでもスコアが上がれば、
やる気が湧いてくるというものです。

私の経験では、試験を受ける機会が少なくてもいけないし、
多いと逆に試験に時間を取られてしまうということになってしまいました。

年に2回程度試験を受けるのが、良いペースでした。

もちろん、人によって試験を受けるのに適したペースは有りますから、
自分に合ったペースで受けるのが大切ですね。

3.やる気が下がった時の対処の仕方

英会話の勉強をしていてもなかなか上達しない時など、
やる気が無くなってきてしまうものです。

その時は、オンライン英会話のレッスンを行う場合でも、
手段を変えて気分転換してみるのが良い結果を生みました。

ここでは、実際に行ってみた具体策を紹介します。

なお、大学受験のために英会話を勉強していた学生さんは、
目的が達成されれば、それで終了となるでしょう。

全力を出し切った大学受験が終われば本当に気が抜けて、
勉強などしばらくはしたくなくなる気持ちになるものです。

大学に入学して新たな気持ちになったら、
またぜひ再開してみてください。

・教材を変えてみる

同じテキストを使った英会話レッスンは、体系立てたレッスンとなるので、
継続したいものです。

それでも、残りのページの厚さを見ると、
やる気が無くなってくる時があるのです。

その時は、自分の趣味がテニスでしたので、
大坂なおみ選手の全米オープンの新聞記事を用意して、
アメリカのネイティブ講師とテニスの話題でレッスンを受けました。

レッスン中は、英語の多少の間違いなど気にせず話をすれば、
気持ちが明るくなる時間を過ごせるので、気分転換になります。

マンネリ化してやる気が下がってきたら、
自分の趣味や今話題のニュースなど、
テーマを変えてレッスンを受けてみるのが良いでしょう。

・レッスン内容を変えてみる

オンライン英会話では、基本的には講師とリスニングとスピーキング
の掛け合いのレッスンになります。

やる気が低下してきたら方向を変えて、
自分の書いた英文を添削してもらったこともあります。

文法やネイティブ的な別の英語表現などのアドバイスをしてくれたので、
役立ちました。

英文の日記を書いている方などは、この方法は選択肢の1つです。

このようなレッスンの受け方もあることを、
覚えておくと良いと思います。

やる気の回復にきっと役立ちます。

・講師を変えてみる

ネイティブ講師は英会話レッスンに関して、
いろいろな経験を積んできています。

本来は、自分の目的に合った講師を選んで、
担任制のような形でレッスンを受けるがおすすめです。

講師も、生徒の自分の弱点や良い所を知っていますので、
良いアドバイスをもらえるからです。

でも、教材と同じで気分転換に、
時々は別の講師からレッスンを受けてみるのも良いものです。

講師を選べるのがオンライン英会話のメリットの1つですので、
活用してみました。

やる気の低下を防ぐには、
アクセントとなるような別の雰囲気のレッスンを受けてみましょう。

まとめ

オンライン英会話のレッスンを継続するために、やる気の維持の仕方について、
やる気が無くなってきてしまった時の気分転換の仕方について、
経験を基にまとめてみました。

皆さんの英会話の学び方の参考になると、良いですね。

参考記事:モチベーションの下がった時は
参考記事:モチベーション維持のため英語学習記録をつける


英会話 ブログランキングへ