オンライン英会話は、自分の都合の良い時間にレッスンの予約ができるのが、
特徴の1つとなっています。

会社の就業時間中に、仕事のスケジュールのスキマ時間を利用して、
英会話研修ができたら、社員にとっても会社とっても、
都合が良いのではないでしょうか。

以下は、そのような企業におけるオンライン英会話のベスト活用法の話題です。

ネイティブ

近年、企業がオンライン英会話を利用して、
社員に英会話研修を催す事が多くなってきました。

企業とオンライン英会話による英語研修は、相性が良いのです。
今では社員1人毎に、業務用に会社から必ずと言って良い程、
パソコンが1台支給されます。

そのパソコンを利用すれば、
オンライン英会話でネイティブによる英会話レッスンを、
スカイプを通じて容易に受けることができるからです。

以前、日本の大手商社がアメリカにあるオンライン英会話と、
早朝レッスンの契約を結んだというニュースが流れたのを思い出します。

今後、益々企業の英語研修に利用されるようになると良いですね。

そこで、ここではオンライン英会話をどのように活用できるのか、
あるいは、すべきなのかを考えてみました。

企業の研修担当の方や社員の方の参考になったら、うれしいですね。

1. 現在の企業の英語研修の方法
昭和時代には、企業にネイティブの英会話講師を派遣してもらって、
社員を1つの会議室に集めて、学校と同じように集団での研修を行うが一般的でした。

英会話の初心者や上級者がいても、
英会話講師が個々の社員をきめ細かく指導することなどできません。

宿題を出してその内容を添削し、
社員の英会話への動機付けをするのにとどまっていまっていました。

社員が業務上、本当に英会話の必要性を感じたら、
自ら店舗型の英会話スクールに通って、レッスンを受けたものです。

現在の企業の英会話研修は、どのようになっているでしょうか。

現在でも、企業が英会話スクールに英会話講師を派遣してもらって、
講師が講義を行うスタイルは残っています。

ところが最近の傾向としては、企業は福利厚生を補助金制度にするか、
外注にしているところが多くなっています。

福利厚生には、社員の旅行、資格取得、自己啓発など多くの分野が含まれますが、
英会話研修もその中の1つとして含まれます。

補助金制度の場合は、一定期間英会話スクールに通った時のレッスン料金の領収書と、
スクールの発行するレッスン実績認定書を会社が受け取り、
レッスン代金を補助します。

外注の場合には福利厚生を会社の業務から切り離し、一括して外部の会社に委託します。

福利厚生を請け負った会社は、
会員会社の社員のみがログインできるウェブサイトを用意し、
社員はディスカウントされたサービスを受ける事ができるというシステムです。

英会話を習うにしても、
入会金の割引など、何らかの特典を受けることができるようになっています。

いずれの制度にしても、個人ベースでの英会話の個人研修の傾向が強まっています。

2. 英会話研修をよりフレキシブルな制度へ
企業の英会話研修が個人ベースで行われるようになってきている一方、
会社には社員に専用のパソコンが用意されている時代です。

この2つの背景が、オンライン英会話での英語研修にマッチしているのです。

オンライン英会話のレッスンは、
自分の都合の良い時間に予約できるという利点があります。

会社の社内ミーティングやお客様との打ち合わせの間のスキマ時間を利用して、
マンツーマンの英会話レッスンを、
何時でも受けられるような社内システムであったら良いですね。

嘗ても、就業時間中に社員を集めて英語研修が行われていたのです。

それを、就業時間中に仕事のスケジュールをみて、
個人の都合の良い時間に英会話レッスンのできるフレキシブルな社内制度にしよう、
という訳です。

ネイティブ講師からマンツーマンのレッスンで、
ビジネス英会話のアドバイスを受けることができたら、
旧来の集団での研修とは異なり社員のモチベーションも上がるでしょう。

そのようなシステムは、既に取り入れているという会社がありましたら、
今頃このような事を言っているのですから、脱帽します。

そのような会社は、オンライン英会話の特徴を良く理解し、
英会話研修に利用しているのですから賞賛に値します。

費用も安く、時間と場所を選ばないオンライン英会話を、
英会話研修に上手に利用していってください。

ネイティブ1

参考記事:ビジネス英語をオンライン英会話で磨く | ボストン倶楽部ニュース

参考記事:ネイティブとのビジネス向け英字新聞活用法 | ボストン倶楽部ニュース

参考記事:オンライン英会話による効果的ビジネス英語学習 | ボストン倶楽部ニュース


英会話 ブログランキングへ