最近では、英文レターに代わってE-メールを利用することが、多くなりました。

海外企業のネイティブ顧客に向けたフォーマルな場合と、
親しい同僚や友人に向けた親しい場合のメールでは、
本文の最後に使う祝辞句も変わってきている様です。

以下は、そのようなE―メールに使う祝辞句についての話題です。

ネイティブ

近年は、公式の場合を除き、
海外への英文でのレターはめっきり少なくなり、
E-メールが取って代わりました。

相手に届けられる時間が圧倒的に短く、便利だからですね。

英文レターの場合は、会社名を記したレターヘッドが最上部にあり、
差出人の名前、住所、日付、その下に宛先人名と住所、冒頭の祝辞句、

件名、本文、結びの祝辞句、自分の自筆の署名、
という構成になっているのが一般的です。

E-メールの場合も情報は同じなのですが、
順番が変わってきます。

最初に差出人名とメールアドレス、次に送信日時、
宛先人とメールアドレス、件名のフォーマットになっていて、

本文の中に冒頭の祝辞句、本文、結びの祝辞句、
差出人名という順番になりますね。

そして最後に、会社名、差出人名、住所、電話番号、メールアドレス、
がまとめて書かれたスタンプ(署名)が付いてきます。

E-メールの中でも、結びの祝辞句が入ってきますが、
フォーマルなケースや、すでに親密になっている相手であるケースによって、
使い分けすることが多いのです。

英文レターの場合よりも、バラエティーに富んでいると言って良いでしょう。
使い分けを知っていると、ネイティブと適切なコミュニケーションを
取る事が出来ます。

そこでここでは、E-メールに使う結びの祝辞句について、
まとめてみました。

1. Sincerely yours, 又はSincerely,

日本の「敬具」に似た使われ方をし、心から誠意を込めてと言った気持ちを
表したい時に使います。

英文レターの結びの句としても、良く使われています。

結びの句としては、一番丁寧な言い方となりますので、
海外のネイティブ顧客や企業に向けたフォーマルなE-メールを送る時には、
この句を使うことをおすすめします。

また、個人的なE-メールであっても、面識の無い初めての方に当てた
E-メールの場合には、この句を使うと良いでしょう。

2. Regards,

海外顧客であってもすでに面識があり、
何度もビジネスメールのやり取りをしている場合には、
仕事上でもそれなりの親しい関係になっていると思いますので、この句を使います。

敬意を込めてといった意味になりますが、
Sincerelyよりも形式払らない句になりますので、
一般的に良く使われていると言って良いでしょう。

お互いに知っている相手なので、名前はファーストネームだけでも構いません。

Best Regards,やKind Regards,と言った句を使う方もいますが、
最高の、優しい、というニュアンスが伝わってきますね。

3. Best Wishes

wishesは祈りと言う意味ですが、Best Wishesという句をメールの最後に付けると、
幸運をお祈りします、という意味になり、親しい同僚や友達宛の場合に使われます。

クリスマスカードやニューイヤーカードなどでも、
意味合いが、大きなイベントでの自分の気持ちを表すのに丁度合っているので、
ネイティブは良く使います。

あなたも、ニューイヤーカードなどで、使ってみてはいかがでしょうか。

4. Best

家族や友達、仲の良い同僚宛のメールの最後に、使うと良いでしょう。
I wish you all the best.の、全ての成功をお祈りします、の文を省略して、
Bestの一言で済ませているのですね。

頻繁にメールをやり取りする相手であれば、
文字数も少なく容易にメールを締めくくる事ができますので、
この句も親しい仲間のメールに、ぜひ使ってみてください。

5. Cheers

オーストラリアのネイティブの友人からメールをもらった時に、
文末がこの句で締めくくられていました。

このような言い方もあるというのを、その時に初めて知った次第です。
cheerfulを連想させ、明るさを感じることのできる一言と思いました。

辞書を引くと、さようなら、じゃあね、という意味と載っていましたので、
親しい友人の間では、良く使われるようです。

ただ、英口語と注記されていましたので、
イギリスやオーストラリアでは使うものの、
アメリカ人には馴染みが薄いかもしれません。

その他、Yours faithfully, やRespectfully yours, といった祝辞句も、
ものの本には書いてありますが、今では目に触れる事は少ないですね。

以上、少しでもE-メールを書く際にお役に立つと良いですね。

ネイティブ1


英会話 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村