職場に外国人の同僚ができれば、
英会話を習おうというインセンティブが湧いてきます。

英会話の上達には、このインセンティブの維持がとても大切です。

ネイティブとのコミュニケーションにより、自分の価値観が広がります。
そのために、オンライン英会話で、英会話を習う価値はあると思います。

以下は、そのような外国人とのコミュニケーションの大切さについての話題です。

ネイティブ

外資系企業にかぎらず日本の企業が外国人を採用するケースが、
近年増加しています。

特に日本の大学を卒業後に、
日本で就職する外国人留学生の増加が目立っているそうです。

外国人留学生がネイティブの場合は、
職場でのコミュニケーションは、英語になるでしょう。

アジア系の留学生が企業に採用された場合でも、
職場でのコミュニケーションは、英語になるのではないでしょうか。

理由は、2つほど考えられます。

まず、日本語は外国人が新たに覚えようとすると、
仕事上の意思疎通ができるまで上達するのが、
とても難しいということが挙げられます。

良く言われるのは、平仮名にカタカナに漢字が組み合わさっているので、
それだけ取っても覚えるのは容易ではありません。

学生の時から日本にいる留学生なら、日本語を学んではいるでしょう。

そうであっても、日常の会話が多少なりともでもできるようになれば、
上々ではないでしょうか。

もう一つの理由は、日本人は一応義務教育の中で英語の授業を受けていますから、
誰でもレベルの差はあっても、それなりの知識は持っているからです。

後は、本気で英会話を習おうとするかどうかという問題だけです。

英語を話せるようになれば、
世界の多くの人々とコミュニケーションすることができるようになります。

ですから、職場にネイティブの同僚ができたらチャンスです。
自分の中に、英会話を学ぼうとするインセンティブが芽生えるからです。

多くの日本人が英語を話せるようになろうと努めますが、
レッスンが続かない理由に、このインセンティブを維持できなかった、
というのも原因の1つなのです。

それが、ネイティブの同僚がいることにより、
英会話を学ぶ強いインセンティブを維持することができるでしょう。

外国人への仕事に関する必要十分な指示は、上司に任せたとして、

あなたが日常レベルの英会話ができるようになり、
外国人の同僚も日常会話レベルの日本語ができるようになれば、

お互いに友人としてのコミュニケーションを取るのには、
十分な状況になるでしょう。

この事によって、次の様な世界が待っているでしょう。

1. 自分と日本についてより高い視点から洞察する事ができる
外国人と自分の生まれ育った環境は、全く異なります。

仕事についての価値観や、文化の違いに気が付くはずです。
どちらが良いかは別として、自分にとって新鮮な考え方に遭遇すれば驚きます。

自分には思いもよらなかったネイティブの考え方を知る事ができるだけでも、
英会話を習った価値はあると思います。

そのような広い価値観や文化がある事を知ることによって、
一歩高い視点から自分や日本を客観的に眺めることができるようになるでしょう。

2. 相手をレスペクトできるようになる
日本人同士なら、共通のコモンセンスの元での会話、行動、生活、があります。

ところが、そのコモンセンスを共有しない相手と話をしていると、
普段に生活していると気が付かない点に気付かされるのです。

例えば、ネイティブは、一般的には2,3年毎に勤め先を変えていきます。
日本でも転職しても不思議ではなくなってきましたが、
そこまでは考えないのが、一般的ではないでしょうか。

そのような自分には思いもよらない話を聞いていると、
その人へのレスペクトの念が不思議と湧いてくる自分に気が付きます。

3. 自尊心を持って対等でいることができるようになる
日本や自分についての中心軸を意識できるようになると、
世界のさまざまな人と出会っても、ぶれない自分でいられるようになります。

相手をレスペクトできるからこそ、自分がぶれなくなるのです。
世界でビジネスを展開しようと思ったら、大切な心構えですね。

英会話ができる事で、同じ職場で働くにしても、
得られる事は数多くありそうです。

ネイティブの講師がいるオンライン英会話で、
英会話が上達できたら良いですね。

ネイティブ1


英会話 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村