英語の単語の発音やアクセントは、レッスンを積まないと、

上達することができません。

それは、日本語では発音しない音が含まれているからです。

また、英語の文章でも、発音の欠落などが生じますので、

これもレッスンが必要です。

これらの発音練習は自習した後は、オンライン英会話のネイティブ講師に

アドバイスしてもらうのが近道です。

以下は、そのような英語の単語や文章の発音の、

効率的な自習の方法についての話題です。

ネイティブ

ネイティブに英語でスピーキングをしている時に、

発音が正しくないと、言いたい事を分かってもらえない時があります。

場合によっては、もう一度言ってくださいと聞き返される事もありますし、

筆談になってしまう事もあるくらいです。

それほど、英語の発音は大切なのですね。

では、発音の勉強はどのようにしていけば良いのでしょうか。

・単語の発音やアクセント

良く言われるのは、

単語のLとRや、BとVの発音が上手にできないというのがありますね。

それは実は日本人にとっては、できなくて当たり前の事なのです。

日本語の中にはRやVに相当する発音が、無いからです。

英語の辞書を紐解くと、

Rは、舌の先を上の歯茎に近づけて奥の方に丸めながら、「ル」と発音する、

などと書いてあります。

近づけてというのがポイントで、

口内のどこかに触ってしまったら駄目なのです。

Vは、下唇を上の歯に当てて「ヴ」と声を出す、とありますが、

このような発音をする日本語はありません。

ですので、特別に英語の発音の練習が必要になってくるのです。

アクセントについても、

1つの単語のアクセントと2つの単語が繋がった場合のアクセントが異なってくるなど、

練習しないとできない問題があります。

これらの単語の発音やアクセントの問題は、

自分で英語辞書を見ながら練習をしてみて、

最後に、

オンライン英会話のネイティブ講師からアドバイスをもらうのが、

近道です。

・文章としての発音

英文の文章になると、リエゾンやリダクションが生じますので、

これもリスニングやスピーキングの際には、大切なポイントになります。

英文の文書の発音の練習をするには、自分のスピーキングの発音を、

自分で確かめる事から始めてみると良いでしょう。

自分のスピーキングを録音してみて、

ネイティブのスピーキングと比較してみるのです。

文章が長くなってしまうと、

神経を集中させて聞く事ができなくなってしまうことが多いので、

最初の内は、特に聞き取り難い短文を何回もスピーキングし、

録音してみる事をおすすめします。

今では、スマートフォンでも録音できますし、

専用の録音機を使えば、よりクリアーな録音ができますね。

慣れてきたら、1分から3分程度の文章を録音して、

聞いてみるようにします。

経験から言いますと、あまり時間を長くすると、

発音の練習をすべき箇所がぼけてきてしまって、

あまり良くありませんでした。

個人差もあるでしょうから、自分に合った練習時間を

決めるのが良いでしょう。

例えば、無料ウェブサイトのBreaking News Englishを使うと、

英文の国際ニュースが載っていて、

ネイティブのスピーキングの速度を5段階に分けて、聞けるようになっています。

最初に自分でニュースをスピーキングし、録音を聞いてみます。

次に自分のスピーキングの速度に合ったネイティブのスピーキングを

聞いてみて、違いを比較してみましょう。

そうすると文章のどの部分が、ネイティブと異なるかが分かります。

次のステップとして、オンライン英会話のネイティブ講師に、

その部分の自分のスピーキングを聞いてもらって、

どのように発音すれば良いかのアドバイスを受け、

繰り返しレッスンすると良いでしょう。

もちろん、ネイティブ講師にも英文を読んでもらって、

しっかりとリスニングのトレーニングも行う事を、

忘れないでくださいね。

ネイティブ1


英会話 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村