帰国子女が日本に住み始めて一番心配される事は、

英語を忘れてしまうのではないかということですね。

英語が話せるのですから、

大人になっても英語が話せるようになっていたいと思う事は、

自然なことです。

それを実現するには、ネイティブの子供の教育に携わった経験のある

ネイティブ講師からオンライン英会話を通じて、

レッスンを受けるのが近道ではないでしょうか。

日本に居ながら、そのような訓練を受ける事は可能です。

以下は、そのような帰国子女のための英語勉強法の話題です。

ネイティブ

帰国子女が日本に住み始めて、ご両親が心配される事のひとつに、

英会話力が低下してしまわないかという事が挙げられます。

日本に帰れば、学校の授業でもお友達との交際でも、

日本語で行われるのが一般的だからです。

帰国子女が日本に住み始めて、ご両親が心配される事のひとつに、

英会話力が低下してしまわないかという事が挙げられます。

日本に帰れば、学校の授業でもお友達との交際でも、

日本語で行われるのが一般的だからです。

英語を普段に使わなければ、

子供は英語をどんどん忘れていってしまうでしょう。

子供が大人になった時に、英会話ができれば、

きっといろいろな面で活躍できる範囲が拡がるのが、期待できますね。

では、大人になった時に、英会話が上手に話せるようになっているためには、

どうすれば良いでしょうか。

まず、帰国子女が日本に帰ってきた時に話せる英語は、

その歳に見合った英語であるという事です。

日本の国語の教科書を見れば分かるように、

小学校から高校に至る国語の教科書の内容は、

子供の年齢に合わせて難しくなっていきます。

国語の教科書の題材は、使う単語が難しくなり、漢字が増え、

内容も思考を要するような高度な内容になっていきます。

成長するに連れ、

文学作品に触れ、社会的な問題に触れるような内容になっていくのです。

そして、読み、書き、聞き、話す、の訓練をしていく事になります。

学校では、日本語で理科を学び、社会、音楽などの教科も学んでいきます。

帰国子女の英語のレッスンも、

全く同じことが言えると思います。

では、このような英語のレッスンができるのは、誰でしょうか。

それは、成長していくネイティブの子供の英語を教えた経験のある、

ネイティブの英語講師ではないでしょうか。

帰国子女の年齢に適したテキストを使い、

読み、書き、聞き、話す、のトレーニングのできる

ネイティブの英語講師です。

高校生頃までは、

ネイティブの英語講師のトレーニングが必要とされるのではないでしょうか。

大学生になったら、大人の英語を使えるようになるための努力は、

本人次第と思います。

英語の理解力を進歩させるためにはどうすれば良いか、

自分にあった勉強の仕方とはどのような方法なのか、

を自分自身で考えられるようになるからです。

日本に在住するネイティブの知人とディスカッションすることや、

海外のネイティブの友人とスカイプを使って話を楽しむ、

英語学習用のウェブサイトや海外のニュースサイト、

映画館に入って海外の映画などで、リスニングの技能を磨いてみる、

英字新聞や英語の週刊誌を読んでみる、

など、英語上達の選択肢はいくらでもあるからです。

もちろん、ネイティブ講師と英語のレッスンを続けるのも、

大切な選択肢のひとつです。

さて、ここで帰国子女にとって、最後に残された重要な問題があります。

それは、日本で学校に通い、生活していくために、

日本語も覚えなければならない事です。

海外にいる頃から、両親から日本語の勉強も教わってきていると思いますが、

年齢と共に、より高度な日本語を覚えていかなければなりません。

日本語と英語の学習が重なると、子供が負担に感じる事が有り得るからです。

この点は、ご両親がお子さんと良くコミュニケーションを取って、

子供の為にどうすれば良いかを、ぜひお子さんと一緒に考えてあげてください。

帰国子女が将来、大人のバイリンガルになって、

日本と世界の掛橋になってくれることを願ってやみません。

ネイティブ1


英会話 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村