初心者の方がオンライン英会話でレッスンを行う際には、

どのような講師が向いているでしょうか。

ここでは、日本人講師、多少なりとも日本語を話せるネイティブ講師、

日本語不可のネイティブ講師について、メリット、デメリットを

比較してみました。

やはり、多少なりとも日本語を話せるネイティブ講師とのレッスンが、

効果的ではないでしょうか。

オンライン英会話を選ぶ際には、どのような講師が在籍しているかを

良く確認して選択されることをおすすめします。

オンライン英会話は自宅で英会話レッスンができますので、

以下は、そのような初心者の方のための英会話講師の話題です。

ネイティブ

初心者の方でも「やってみようかな」という気持ちになりますね。

また、中学生や高校生が英会話をオンライン英会話で学ぼうとした時に、

どのような英会話の先生が良いのだろうと迷ってしまいますね。

中学生や高校生は、

大学入学試験で、将来英語のスピーキングテストが課せられることになりましたので、

英会話の先生選びは、特に慎重に行わなければなりません。

初心者の方の場合は、いざという時に日本語での意思疎通が多少なりとも

できるかどうかがポイントになると思います。

英会話レッスンの途中で行き詰ってしまった時に、

少しでも日本語ができると、レッスンを前に進める事ができるからです。

そのような視点から英会話講師を考えてみると、

日本人講師、日本語を多少なりとも話せるネイティブ講師、

日本語不可のネイティブ講師に分けることができるでしょう。

ネイティブ講師と書きましたが、ノンネイティブ講師についても、

当てはまる話である事はもちろんです。

ここでは、そのようなタイプ別の英会話講師のメリット、デメリット、

について考えてみましょう。

・日本人講師

日本人講師のレッスンのメリットは、

受講生が分からない事を日本語で正確に質問することができ、

講師の回答をはっきりと確実に理解することができることです。

そのため、文法的な事やTOEICなどの英語検定試験対策についての

アドバイスを受けるのには良いですね。

最大のデメリットは、

少し分かりにくい言い方になってしまうかもしれませんが、

ネイティブでない事です。

通常、英会話をする相手は、ネイティブなどの外国人ですね。

そのネイティブの前で緊張せずに英語のスピーキングをするのは、

初心者のレッスンの最初の目的となってきます。

日本人講師では、そのトレーニングをすることができないのです。

発音のトレーニングをする場合にも、

日本人講師では行き届かないところがあるのではないでしょうか。

・多少なりとも日本語を話せる講師

日本に在住している、あるいは、在住していた経験のある講師や、

大学で日本語を専攻したネイティブ講師の場合には、

講師によって挨拶程度から流暢のレベルに差はあるものの、

日本語を話せます。

また、オンライン英会話の場合は、

レッスン開始時間を講師と受講生が、共に守らなければなりません。

日本在住の経験のある講師なら、日本の文化を知っていますので、

日本人なら当たり前の時間厳守の習慣を守ってくれます。

また英会話レッスンは、基本的には英語のみでレッスンすることが原則ですが、

必要な場合には片言の日本語であっても話せば、

レッスンを前に進めることができるのです。

英語の発音はネイティブですから、問題はありませんから、

初心者にとっては理想的な英会話講師と言って良いでしょう。

・日本語不可のネイティブ講師

メリットとしては、英会話レッスンの本来の目的である

ネイティブとの英語の会話を実践することができ事です。

そのために、テキストはしっかり予習しておきましょう。

時間が空いたからと言ってのいきなりのレッスンは効果が少なく、

初心者の方にはお奨めできません。

また、スカイプを利用すれば、講師の映像を見ながらレッスンができます。

身振り手振りのジェスチャーを交えて、

自分の言いたいこと伝えるレッスンが可能です。

実際に海外に行った時に、

外国人とのコミュニケーションの取り方を覚えるための

トレーニングになるでしょう。

デメリットとしては、

レッスンが途中で進まなくなってしまう場合があることです。

英語教育資格を持ったネイティブ講師なら、

このようなケースについての対応を心得ていますから、

不安にならなくても大丈夫です。

いざとなれば、

スカイプのメッセージ機能を利用して英文のやり取りもできるのです。

以上、比較してきた範囲では、多少なりとも日本語を話せる講師との

英会話レッスンが一番効果的と思います。

初心者の方がオンライン英会話スクールを選ぶ場合には、

どのようなネイティブ講師が在籍しているかを良く確認して、

スクールを選択することをおすすめします。

ネイティブ1

英会話 ブログランキングへ


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

にほんブログ村