オンライン英会話のレッスンでは、ネイティブ講師とフリートーク

による学習を行う場合が、良くあります。

実は、フリートークは、スピーキング力を養うのにとても効果があるのです。

このフリートークを行う場合は、どのような準備や心構えをしておくと、

英会話力の向上につながるでしょうか。

以下は、そのようなオンライン英会話でのフリートークによるレッスン方法の話題です。

ネイティブ

 

オンライン英会話のレッスンでは、

テキストを使って問題や質問に取り組みながら学習を進める方法と、

フリートークによる方法があります。

ここではネイティブ講師との、

  • フリートークのメリット
  • フリートークのデメリット
  • 効果を挙げるための手順と方法

について考えていきましょう。

1.フリートークのメリット

実は、ネイティブとのフリートークのレッスンは、

英会話を上達させる上でとても大切なトレーニングとなっているのです。

それは、講師の英語の話をリスニングし、

その中で生まれた自分の考えを即座に英語でスピーキングします。

英語から日本語に変換して意味を理解し、次に言いたい事を日本語から英語

に変換してスピーキングしていては、会話が成り立ちません。

リスニングした英語は英語のまま理解し、

言いたい事は英語で考えてスピーキングして、

相手に伝えるトレーニングをしているのです。

言いたい事を表現するための単語が思い付かなかったら、

自分の知っている範囲の単語を使って何とか表現せざるを得ません。

辞書で英単語を調べながらのスピーキングは、

フリートークの中ではできないのです。

この英語を自由にあやつりながらスピーキングができるという事は、

外国人とコミュニケーションを取ろうと思ったら、無くてはならない能力ですね。

また、英語でのコミュニケーションの楽しさを知る事ができるのも、

フリートークのすばらしいところです。

2.フリートークのデメリット

フリートークにはメリットがある反面、次のようなデメリットもあるのです。

・体系立てた英会話レッスンではない

フリートークでは、1つのテーマ、あるいは、2つか3つのテーマについて、

ネイティブ講師とディスカッションすることになります。

英会話のテキストを使ったレッスンなら、

文法や英語表現の体系立てたレッスンとなりますが、

フリートークは、自分の知っている英語表現を使ってみる、

あくまで実践的なトレーニングです。

そのようなレッスンではありますが、

レッスンが終わった時にネイティブ的な英語表現や単語を覚えることもなく、

なにも残らなかったのでは、せっかく英会話レッスンを受けたのに、

残念な結果となってしまいます。

・一定以上のリスニング力が必要

講師の話していることが聞き取れない、あるいはぼんやりとしか理解できないと、

コミュニケーションが成り立ちません。

分からないからと何度も聞き返していると、それだけで時間を取られてしまい、

会話が前に進むことができずにレッスン終了の時間がきてしまうこともあります。

そのために、一定以上のリスニング力が必要となります。

リスニングにあまり慣れていない方は、

何度かテキストでレッスンを受けたテーマで、単語が聞き取れるテーマや、

趣味の話など自分の得意とする分野から始めると良いと思います。

3.効果を挙げるための手順と方法

さて、オンライン英会話の中でフリートークのレッスンを行うと言っても、

何の準備もしないで臨んでは、

途中で何を話して良いか分からなくなってしまう場合が多いのです。

また、フリートークを実りあるものにするためには、

レッスン後の復習も欠かせません。

そこで、オンライン英会話のネイティブ講師とのフリートークを、

実りあるものにするために、次の点をしっかり実行していきましょう

テーマを決める

講師とディスカッションするためには、

生徒も講師も自分の意見を言えるようなテーマが良いでしょう。

以下に、いままで経験してきた中でおすすめのテーマを挙げてみます。

・趣味

趣味をテーマとする場合は、

生徒と講師の趣味が必ずしも同じという事にはなりませんから、

生徒が自分の趣味を紹介し、講師がそれに対して質問する、

あるいはその逆のパターンもあるでしょう。

自分の趣味を英語で紹介するのは、事前に準備できることですので、

取り上げやすいテーマです。

・天候

自分の住んでいる地域の天候について紹介するのも、良いテーマです。

日本の場合でしたら、四季の変化や春の温かさ、夏の暑さ、秋の紅葉、

冬の雪など、話す事にこと欠く事はありません。

ただ地球温暖化などの話題に発展すると、英会話力が必要になってきます。

・好きな料理

各国には、各々自慢の料理がありますので、

自分の好きな料理を含めて自国の料理の紹介し合うのも、話が弾みます。

このテーマは、意外とボキャブラリーを問われることになります。

例えば、お寿司の場合なら、マグロ、イクラ、ウニなどの固有名詞が

必要になってきますので、事前に知っておく必要があります。

・映画

世界でヒットして誰でも知っているスパイダーマンなどの映画作品を、

テーマに選ぶのは良いですね。

ただ生徒と講師が同世代の方の場合に、映画の話題を取り上げるのは

良いのですが、あまり年齢が違ってしまうと片方が映画の内容を知らない

ということがありますので、気を付けましょう。

・時事ニュース

最近の世界的なニュースや出来事をテーマに選ぶのも良いでしょう。

そのようなテーマであれば、

講師も生徒も新聞やテレビを通じて良く知っている事ですから、

ディスカッションがしやすいのです。

ただし、自分が出来事の内容をしっかり知っており、意見を持っていないと、

議論が前に進みません。

また、どうしても難しい議論になりがちなので、

どのようなニュースを取り上げるかを良く検討してから決めると良い

と思います。

・相談事

日本では大学入試で、英語検定試験を受験しなければならないことが決まりました。

スピーキングテストについての勉強の仕方についての相談や、

仕事での海外顧客を前にした英語のプレゼンテーションの仕方など、

相談事をテーマにすれば一石二鳥ですね。

テーマを事前に講師に伝える

レッスンの初めに、いきなりこのテーマでディスカッションしたいと言われても、

困ってしまう講師も出てきます。

テーマを決めたら、事前に講師にも伝えておく事も大切なことです。

講師もレッスンに備えて準備を進めるでしょう。

更にニュースの場合には、

電子新聞の記事などがあれば事前にスカイプやメールでURLを講師に送っておくと、

レッスンがスムーズに進みます。

ただし、初めてレッスンを受ける講師の場合は、

テーマを決めたフリートークは避けた方が良いと思います。

ある程度、お互いを知っていて、話が弾んで盛り上がるようにするためです。

初めての講師とのレッスンは、初対面ですので自己紹介的な話となり、

自然にフリートークとなってしまいます。

このレッスンの場合は、お互いに自己紹介をしながら、

講師がどのような経験を積んできたかを知ることに重点を置く事にしましょう。

予習を行う

テーマの会話の中で出てきそうな重要単語は、事前に調べておきましょう。

自分のボキャブラリーを増やすチャンスでもあるのです。

ニュースの英文記事を講師に事前に送ってあるなら、

その記事を読んでおくことは当然ですし、

記事に書かれてある単語から、連想される単語まで調べておけば、

申し分ないでしょう。

またテーマについて、自分の言いたい事をある程度まとめておくと、

話もスムーズに進むと思います。

レッスン中に心掛けること

さて、ネイティブ講師とフリートークの実践のレッスンです。

スピーキング力ばかりでなく、ネイティブが話す英語のリスニング力も試されます。

自分の考えた事をスムーズにスピーキングできれば良いのですが、

話が想定内に収まるとは限りません。

逆に言えば、想定外を期待してのフリートークなのです。

その場合は自分のボキャブラリーの範囲で、

フリートークのメリットでも述べましたように、

何とか言いたい事を英語で表現してみるように努めることが大切です。

別の言葉でやさしく言い換える(paraphrase)努力をしてみることです。

これが、スピーキングのトレーニングになるのです。

どうしても自分の考えた事を、即座にスピーキングできない事もあるでしょう。

何を言えなかったかはしっかり覚えておいて、

レッスン後に英単語を調べ、言おうとした英文を作ってみましょう。

これで、英会話の知識が1つ増えたと思えば良いのです。

フリートークは、ボキャブラリーや文法の勉強にもなっていることが分かりますね。

この英文は、しっかりと頭に中に残りますから、

決して忘れる事はないでしょう。

またネイティブとフリートークする事によって、

各々の国の暮らしや習慣などの事情も分かってきます。

アメリカやカナダ、イギリス、オーストラリアやニュージーランドのネイティブの国々は、

留学先として人気の国々ですね。

そのため、留学を希望している人にとってもインターネットでは知る事の出来ない、

生活上の習慣や暮らしのための生きた情報を得られるのが、

フリートークの副次的な効用です。

これは実際にカナダに留学した友人が、

冬の寒さは講師が語ってくれたことが身に染みたと述懐していますので、

多いに参考にしてください。

復習を行う

レッスン中に、講師からいろいろなコメントやアドバイスを受けると思います。

発音の仕方、アクセントや文法の間違い、ネイティブが良く使う英語表現など、

のアドバイスは自分にとって宝の山です。

オンライン英会話の多くのネイティブの講師は、

生徒が知らなかったネイティブ的な英語表現やアドバイスを、

スカイプのメッセージ欄に書き残すようにしてくれています。

これらのメッセージは、しっかりと自分のノートに記録して、復習しましょう。

この作業によって、英会話力はスパイラル的に向上していくと思います。

まとめ

フリートークのレッスン法を考えてきましたが、

いかがだったでしょうか。

フリートークのレッスンを実のある物にするためには、

これだけの準備と復習が必要なのです。

一方で準備をしっかり行い、レッスンを楽しくできれば、

フリートークのレッスンは続けて行いやすく、

得るものも大きいという良い点があります。

ぜひ、英会話力のレベルにかかわらず、試していただければと思います。

避けたいのは、空き時間ができたからといって、

英会話レッスンを予約し、すぐにレッスンを始めたのは良いのですが、

フリートークをせざるを得なかった場合です。

英語でスピーキングをしてみたものの、

終わってみたら自己紹介だけで何も残らなかった、

という状況だけは避けたいものです。

最後に、フリートークによる英会話レッスンは、

実は講師にとっても英会話教育の実力を試されるレッスンなのです。

英語だけでなく、世界の国々の動向なども知っていなければならないからです。

学歴と英語教育資格を持ったネイティブ講師なら、

きっと、あなたの期待に応えてくれるでしょう。

 

ネイティブ1

 

 

 


英会話 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ


にほんブログ村