ビジネス英会話を勉強されている方に、
ぜひ英字新聞を読むことをおすすめします。

ネイティブとのビジネスミーティングでは、
仕事の話ばかりでなく、コーヒーブレイクの時などに、
今の旬の話題が出てくることが良くあるからです。

新たに覚えた英単語は、ビジネスの中でも役立ちますので、
オンライン英会話のレッスンで使ってみましょう。

これで、しっかり自分の頭の中にその英単語が、
インプットされるでしょう。

以下は、そのような英字新聞による英語勉強法の話題です。

ネイティブ

海外取引のためにビジネス英会話を学ぶ方は、
大勢いると思います。

ビジネス英会話の教材に載っているような、
初対面の時の挨拶、プレゼンテーションの時の言い回し、
電話での話し方、ミーティングでの慣用句、など、
日常的に話すビジネストークを覚えるのが、第一歩になります。

実際のネイティブとのビジネスミーティングでは、
仕事の合間に今の旬の話題、ニュースも話に出てくることが良くあります。

ビジネスのためにも、旬の話題、ニュースを、
英字新聞で読むことをおすすめします。

第一の目的は、ボキャブラリーを増やすことにあります。

最新のニュースを英語で話せるようにしておくこと、
経済面でのニュースでも、
話題のテーマについて話せるようにしておくことが、
目標となるでしょう。

話すためには、伝えるためにキーとなる英単語は、
しっかり覚えておく必要があります。

日本の大新聞であれば、
日本語の新聞に掲載されているのと同じニュースを読めるような、
英字新聞を発行しています。

ニュースの内容は、
日本語の新聞で頭にインプットされていると思いますので、
英字新聞を読んでキーワードをしっかり頭の中に入れましょう。

ボキャブラリーを増やすという意味では、
その方法が一番効率的と思います。

ただし、日本の英字新聞は、
日本語を英訳したという感じが否めません。

理解していただくのにうまく説明するのが難しいのですが、
文章がきれいすぎるというか、構文がきっちりしているのです。

そのような面をカバーするために、世界的なニュースについては、
日本の英字新聞と、ウェブサイトに掲載されている、
ネイティブの書いた記事を読み比べてみるのも面白いでしょう。

ネイティブの書いた記事の方が、直接的というか、
端折っても良い部分は、抜いて書くので、
このような書き方をするのかと改めて感心してしまいます。

そして、英字新聞で覚えたボキャブラリーや構文の記憶の確かさを確認するために、
欧米のテレビニュースを聞いてみると良いでしょう。

ニュースキャスターは、発音がきれいで聞き取り易いのですが、
もちろんネイティブスピードで話します。

その話すスピードについて行けるかを確かめてみましょう。
これはもう、アドバンスクラスの理解力が必要となってきます。

半分分かっただけでも、ビジネス英会話にもとても参考になりますので、
自然に身につくようになると良いですね。

ネイティブとのビジネスシーンでも、コーヒーブレイクの時に、
旬の話題について話ができるようになりたいものです。

日本のビジネスパーソンは、皆そのようなことを目標にして、
英語を勉強していると思うのですが、
筆者には、なかなか辿り着かないレベルです。

オンライン英会話を利用して、一緒にがんばりましょう。

ネイティブ1


英会話 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村