2020年度から行われる大学入学共通テストの英語について、
民間の資格検定試験が活用されることになりました。

ここでは、英検とTEAPのライティングテストと
スピーキングテストについてご紹介します。

テスト内容をみると、英会話の基礎力を高めることが
大切であることが分かります。

オンライン英会話は、そのような英会話の基礎を固めるのに
向いたスクールと言って良いでしょう。

オンライン英会話で、大学入試をぜひ乗り越えてください。

以下は、そのような民間の英語資格検定試験の話題です。

オンライン英会話

2020年度から実施される大学入学共通テストの英語科目について、
民間の資格・検定試験が活用されることになりました。

ここでは、それらの民間の検定試験の中で、日本英語検定協会が実施
している英検、TEAPについて、試験内容を紹介してみたいと思います。

リーディングテストとリスニングテストについては、
今迄、大学入試センター試験で行われてきたマークシート形式の試験に、
ほぼ近い内容になっています。

そのため、ライティングテストとスピーキングテストに焦点を絞って、
紹介します。

・英検
英検は5級から1級までありますが、大学受験生が受けるのは、
3級から準1級の範囲でしょうか。

ライティングテストは、3級では身近な事、準2級では日常生活の話題、
2級では社会性のある話題、準1級では社会性の高い話題について、
英作文をすることになります。

スピーキングテストも、テーマはライティングテストとほぼ同じ
となります。

特徴的なのは、試験官との1対1の直接の面談テストとなることです。

3級は、30語程度の英文を読んで、質問に回答する、イラストを説明する

準2級は、50語程度の英文を読んで、質問に回答する、
イラストの状況を説明したり、日常生活について質問に回答する

2級は、60語程度の英文を読んで、質問に回答する、
3コマのイラストを見て、展開を説明する、
日常的な事柄について、意見を述べる

準1級は、4コマのイラストについての説明や、
トピックについて意見を述べる他に、試験官との質疑応答があります。

当たり前の事ではありますが、級が高くなるにつれて、
会話に重点が置かれるようになり、難度は高くなっていきます。

・TEAP
TEAPは、上智大学と共同開発した試験で、
すでに大学の入試試験に使われるようになってきています。

ライティングテストは、
英文を読み70文字程度に要約する問題と、
図表を見て、それらの内容を纏めた上で200文字程度の意見を
英文にまとめる問題です。

スピーキングテストでは、
英検と同様に試験官との1対1の面談によるテストとなります。

日常生活についての質疑応答、受験者が試験官に質問するテスト、
あるテーマについて意見を述べる、試験官の質問に意見を述べる、
という内容の4問の試験になります。

このように見てきますと、
受験対策としてのテクニックを磨くよりも、
まずは、英会話の基礎をしっかり身に付けることが、
大切であることが分かってきます。

オンライン英会話は、スピーキングやリスニングの
英会話の基礎を固めるのに適した英会話スクールです。

しかも、試験官との1対1の面談試験をそのまま模擬した
レッスンも可能なのです。

また、英文の添削なども、オンライン英会話のレッスンの中で、
できるでしょう。

大学入学共通テストの英語の試験に向けて、
オンライン英会話をおすすめする理由がここにあります。


英会話 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村