今年も残すところ、1週間余りとなりましたね。
ほんとうに早いものです。

自分のオンライン英会話での目標を、
しっかりと心に刻みながら日々を過ごしていかないと、
目標達成どころか無駄な日々を過ごしてしまいます。

日々、オンライン英会話レッスンの目標を意識しながら、
過ごしたいと思いますね。

ネイティブ

今年の英会話目標のレベルは、いかがでしたでしょうか。

今年1年間で流暢になると目標にした人は、いかがでしたか。

英会話が流暢になりたいとはだれでも思うことですが、
流暢になるのはなかなか難しいものです。

英会話初心者と流暢に話せる人との違い、分かれ目はどこでしょうか?

英会話が流暢と思われる人の会話を聞いてみてください。
英会話初心者は、どうでしょうか。

流暢な人というのは、話が途切れません。
瞬時に返事を返すことができます。

初心者は、言葉があまり出ないので会話が続きません。

では流暢な人は難しいことを言っているかというと、
そうでもありません。

ちょっと難しいことを聞かれた時に、
初心者はどう答えたらいいのだろうと、考えてしまいます。

流暢な人は、思ったことをそのまま言葉にします。
「ええと~」とちょっと考えたいときは、  
Let me see.

でも考えたけどやはり説明するのは難しいと思えば、
It’s difficult to explain
あるいは、
It’s hard to explain.
といいます。

初心者は、
なんとしても英語で質問されたことを答えようと思うから、
言葉が詰まってしまうのです。

また英語で説明するのが難しいと思えば、
It’s difficult to explain in English.
と(in English.)と言えばいいのです。

英会話と考えると難しくなってしまうのですが、
日本語で考えたことをそのまま瞬時に返す練習を、
オンライン英会話でトレーニングするとすぐに上達します。

相づちもYESばかり言っていると、少し変です。
日本語と同じですね。

何を言っても「はい はい」ばかりでは白けてしまいます。
なるほど       I see.
そうですね Right. Ok.
おもしろいね Interesting.
わたしもそう思うわ I agree.

返事にも、バリエーションを持たせましょう。
こういった言葉をオンライン英会話のレッスンの中で話していくと、
話がどんどん進んでいくでしょう。

流暢な人は難解な単語をたくさん使っているのではなくではなく、
普段の日常会話で使うフレーズをたくさん使いこなします。

もし英会話が上達しないという人は、
このようなフレーズをオンライン英会話でマスターすると良いと思います。

そしてなんといってもすぐに、
覚えたことをネイティブと話してみることです。

来年もネイティブ講師のオンライン英会話を、
このようなトレーニングにぜひ利用してみてください。


英会話 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村