オンライン英会話には、講師と1対1のレッスン、
いわゆるマンツーマンのレッスンと、
講師1人に対して、生徒が4人程度になって行う、
グループレッスンがあります。

各々、メリット、デメリットがありますので、
良く理解した上で選択すると良いでしょう。

以下は、オンライン英会話のレッスン形式についての話題です。

ネイティブ

オンライン英会話(あるいはスカイプ英会話、Skype英会話)には、
マンツーマン レッスンとグループレッスンがあります。

グループレッスンの場合、講師1名に受講生が3、4名参加して、
アバダー形式でお互いの顔は見えない方式とか、
音声だけでレッスンをするサイトがあります。

ボストン倶楽部では、TV会議方式を採り、テレビの前に家族、会社同僚、
あるいは友人が集まってグループレッスンを行います。
ネイティブ1
家族でのグループレッスンでは、お子さんのスピーチをネイティブの先生が聞き、
アドバイスすることができます。

お父さん、お母さんは、お子さんの英会話の上達を願っているものです。
子供と一緒にレッスンに加わって、成長を確かめる事ができるでしょう。

この方式のグループレッスンですと、講師からの指導ばかりでなく、他の
受講生が使った英語表現の言い回しやボキャブラリーを隣の席で聞くことが
できるので、印象に残りとても参考になります。

また、他の受講生が講師と英会話をしている間に、自分が何を言うか考える
ゆとりと準備ができます。

仲間がいれば英会話が盛り上がりやすく、モチベーションも保ちやすい
ですね。また、英会話についての情報交換もお互いにできる利点もあります。

さらに、ボストン倶楽部の例で言いますと、4人が集まって25分のレッスン
を月8回受講した場合、1人当たり1レッスンの料金が344円(税込)
で済んでしまうのです。

ネイティブ講師系のオンライン英会話としては、破格のレッスン料金です。

これらの事をまとめると、グループレッスンは英語を勉強する者同士が励まし
合いながら楽しく格安でできるのが、マンツーマンレッスンでは得ることの
できない特徴と言えるでしょう。

一方日本人は、はにかみ屋さんが多いので、
自分のスピーキングを、ネイティブには聞いてもらって直して欲しいのですが、
同じ日本人には聞いてもらいたくないという方がいます。

このような方には、マンツーマンレッスンが向いているでしょう。

マンツーマンレッスンは、講師と常に向き合っていますので、
ある意味、気が抜けず緊張の連続になりやすいことがあります。

リラックスして、自分が聞き取れなかった講師のスピーキングがあれば、
もう一度、ゆっくり話してくれるように言いましょう。

そこが、マンツーマンレッスンの良い特徴でもあるのです。

初級者の方は、ご自身のペースでレッスンが受けられますので、
適しているのではないでしょうか。

また、上級者の場合には、ご自身でテーマを決めて、
話題を盛り上げられると楽しいレッスンとなるでしょう。

テーマは時事問題を扱っている英文のニュース記事でも良いですし、
自分の仕事に関係する文献などでも構いません。

または、海外へ行って、プレゼンテーションをしなければならないような時、
自分のスピーチを聞いてもらいましょう。

そして、どのような英文をしたら、よりネイティブ的な文章になるのか、
似通った意味の英単語をどのように使い分けをしたら良いのか、
ボキャブラリーの発音やリダクションの仕方など、
ネイティブにしか分からないような事を聞くことができます。

マンツーマンレッスンは、初級者の方にも、上級者の方にも、
その方のレベルに合ったレッスンができるのでが良い点です。

グループレッスンのメリット、デメリットをまとめてみると

以上述べてきたように、オンライン英会話のグループレッスンには、
メリットとデメリットがありますので、
更に詳細な点も含めてまとめてみましょう。

1.グループレッスンのメリット

グループレッスンのメリットとしては、
次のようなメリットを挙げることができます。

・アバダー形式なら声だけのレッスンができる
・TV会議方式の家族レッスンなら助け合える
・TV会議方式の企業研修なら社員同士の刺激になる
・レツン料金が格安です

では、1つ1つのメリットを見ていきましょう。

アバダー形式なら声だけのレッスンができる

英会話講師1人が、4人の生徒をスカイプの音声だけでティーチングします。
お互いに姿が見えないので、身なりを特に整える必要もなく、
気軽に参加できますね。

また、海外から電話がかかってきた時を想定して、
英語の音声だけのコミュニケーションの練習になるでしょう。

ただ、お互いの姿が見えないので、ジェスチャーを交えての会話ができず、
相手の言っている事が理解しづらくなるという面は、あるかもしれません。

TV会議方式の家族レッスンなら助け合える

お子さんとご両親が一緒になって、
英会話講師のレッスンを受けることができるなんて、
こんなに楽しいレッスンはありませんね。

お子さんにとっては、スカイプソフトの操作に慣れるのが難しいので、
親御さんがレッスンに付くという場合もあるでしょう。

また英会話講師が言っている事をお子さんが良く理解できない場合は、
講師に代わってサポートすることもできるでしょう。

本文でも述べましたが、親御さんにとってみれば、
自分の子供の成長を一緒にレッスンを受けて確かめることができるが、
とても楽しみですね。

お子さんとおじいちゃん、おばあちゃんが加わってのレッスンも、
楽しみの1つです。

最近は、シニアの方の英会話へのチャレンジが、
増えてきているからです。

TV会議方式の企業研修なら社員同士の刺激になる

会社の英語研修としてグループレッスンを行うなら、
社員同士が1つの会議室に集まっての
ビジネス英会話のレッスンとなります。

企業では海外とのミーティングを、
経費節約のためにTV会議方式で行う事が多くなっていますので、
社員も慣れていると思います。

英会話レッスンは、講師のレクチャーを聞いたり、
社員同士のスピーキングを聞きながら進むでしょう。

そのため、講師のレクチャーが勉強になるだけでなく、
他の社員のスピーキングが勉強になることがあります。

自分の知らない英単語を使ったり、イントネーションが良かった時など、
興味を刺激されます。

知らなかった英単語は早速調べて、
今度同じような場面になったら、自分が使ってみようと思うものです。

この様に社員同士がお互いに刺激し合って、
ビジネスに使うボキャブラリーや英語表現も増えていくでしょう。

レッスン料金が格安です

マンツーマンレッスンと比べて、
グループレッスンは数人でレッスンを受けますので、
レッスン料金は、とても格安になります。

通学式の英会話スクールでは、ネイティブが講師を務めていますので、
同じ比較となるようにネイティブ講師系のオンライン英会話の
レッスン料金を見てみましょう。

通学式の英会話スクールのグループレッスンのレッスン料金は、
月に50分レッスンを4回行って、1人当たり8,000円から12,000円が
月謝の相場でしょうか。

オンライン英会話ボストン俱楽部のグループレッスンの料金は、
25分のレッスンで一人当たり344円です。

月に50分レッスンを4回(25分レッスンを8回)行った場合に換算すると、
2,752円となります。

レッスン料金は、オンライン英会話なら通学式の英会話スクールの料金の
数分の一となることが分かります。

2.グループレッスンのデメリット

グループレッスンにはメリットがありますが、
デメリットもあります。

以下のようなデメリットがあることを良く知った上で、
グループレッスンに参加すると良いでしょう。

・日本人の前で英語を話すのが恥ずかしい方に向いていない
・テキストを使ったレッスンがメインになる
・一人当たりのスピーキング時間が短い
・レベルの高い生徒が中心になりがち

では、1つ1つのデメリットを見ていきましょう。

日本人の前で英語を話すのが恥ずかしい方に向いていない

自分の英語のスピーキングを講師に聞いてもらって、
直してもらいたい。

でも、日本人には聞いてもらいたくないという、
はにかみ屋さんがいます。

このような方は、グループレッスンに向いていません。
マンツーマンレッスンをおすすめします。

テキストを使ったレッスンがメインになる

グループレッスンの場合は、各生徒が予習を行えるように、
レッスン前に、あらかじめレッスン内容が決まっていなければなりません。

そのためテキストを使って、
今週は何ページ目、来週は何ページ目とレッスンスケジュールも、
決めておかなければなりません。

マンツーマンレッスンなら、
レッスンが始まってからフリートークにしても構いませんし、
テキストを使うにしても、その場で学ぶページを決めても、
レッスンができます。

そのように比較してみると、グループレッスンはテキストを中心として、
系統的なレッスンができるという良い面があるという見方もできますね。

一人当たりのスピーキング時間が短い

レッスン時間は決まっていますので、
複数の生徒が参加するグループレッスンでは。
生徒1人当たりがスピーキングできる時間は短くなってきます。

また、自分が質問したいと思った時に、
タイミング良く質問できるとは限りません。

他の生徒がスピーキングしている時には、
注意深く耳を傾けてリスニングの練習を心掛けると良いと思います。

レベルの高い生徒が中心になりがち

オンライン英会話スクールでは、グループレッスンに参加する前に、
生徒のレベルチェックを行って、
グループの生徒のレベルができるだけ同じになるようにしています。

それでも、グループの中では生徒のレベルに差があることが、
一般的です。

その様な場合、レベルの高い生徒の発言する場面が増えてきます。

講師も、生徒各人がなるべく同じように発言する機会ができるように、
配慮をしています。

それなので、遠慮しがちな生徒さんも、
順番が回ってきたら自分の感じたことを、
思い切って発言するように心掛けると良いでしょう。

3.まとめ

オンライン英会話のグループレッスンのメリット、デメリット、
についてまとめてみました。

自分がどのような英会話レッスンを受けるべきかを決める時に、
読み返して参考にしていただけたらうれしいですね。