日本の小学校や中学校では、
多くのネイティブが、英語指導助手として英語の授業を支援しています。

オンライン英会話でも、ネイティブが講師を務めているスクールがあります。

ネイティブの先生の良いところは、どのような点なのでしょうか。

以下は、そのような英会話を教えるネイティブの先生の良い点についての話題です。

ネイティブ

オンライン英会話と言っても、いろいろなサイトがあります。
ここでは、ネイティブが講師を務めるオンライン英会話の良い点を考えてみたいと思います。

1.欧米人と接することに慣れる事
最近は、小学校に行っても中学校に行っても英語の授業に担任の先生以外に、
ALT(Assistant Language Teacher)が参加しています。

なぜ、欧米人に英語の授業に参加してもらっているのでしょうか。

いろいろな良い点が考えられますが、
大きな利点はネイティブと気軽に接することができるようになる事ではないか、
と考えています。

コミュニケーションをとるには、
臆することなく気軽に接することができることが大切です。

ところがネイティブが近づいてきたら、
なんとなく避けてしまいそうな自分がいます。

なぜそうなってしまうのか考えた時、
ネイティブと接したことがない自分に気が付きます。

そのような点を取り除くには、
小さな時からネイティブと接する機会を持つのがとても大切なことなのです。

オンライン英会話でも、ネイティブの先生がやさしく接してくれます。

簡単にネイティブと接することができますから、ぜひ利用してみたいものです。
英会話の練習は、次の目標くらいに考えて良いのではないでしょうか。

2.正しい言い方をすぐに教えてくれる事
アクセントが間違っていたら、ネイティブには全く通じないのです。

英会話を書いて、それをネイティブに示して、
やっと理解してくれたという経験があります。

ALTの先生は、正しいアクセントを教えてくれるでしょう。

また、言い方が間違っていたら、
ネイティブの先生が正しい言い方を実際に言ってくれます。

それをオーム返しに言ってみるのです。
まさに子供が言語を覚える時の方法ですね。

英会話のCDを聞いているだけでは、自分の間違っているとことは分りません。
オンライン英会話ならではの良い点ではないでしょうか。

しかも正確な発音の仕方も含めて教えてくれるのが、
ネイティブの先生の良いところですね。

この練習を繰り返すことによって、英会話力はぐんと向上していきます。

子供も大人も言葉を覚えるプロセスは同じです。
このプロセスをぜひ継続していきたいものです。

3.欧米の文化について聞ける事
アメリカであれ、イギリス、カナダであれ、各国の歴史と文化を持っています。

中学校になると、世界の歴史について勉強しますが、
今一つピンとこないのが実情ではないでしょうか。

社会科目は、実は大切な科目なのですが、暗記科目になってしまっています。

ネイティブの先生から、自分の国や歴史や文化の話を聞くと、
身近な出来事として感じられますね。

そして、日本の歴史と比較して、
欧米文明について真剣に考える切っ掛けを与えてくれます。

特に生活習慣を含めた文化の話は、小、中学生にも興味があるでしょうから、
英会話レッスンのテーマにもなります。

例えば、アメリカでは、牛肉が主食でフォークとナイフで食べる事を、
日本のご飯主体の食事と比較してみる、

アメリカでは、自動車や飛行機で移動するのが一般的なのに、
日本では、もちろん自動車もありますが電車を利用する方法もある、

といった具合です。

ぜひ、オンライン英会話のネイティブの先生と、楽しいレッスンをしてみてください。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村


英会話 ブログランキングへ